映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【着信アリFinal】何かもう…よくわかんない…

f:id:wponkichi:20200706152439j:plain

着信アリFinal

 

【作品情報】

ジャンル:ホラー

監督:麻生学

原作:秋元康

脚本:大良美波子/真次郎

音楽:遠藤浩二

製作国:日本

上映時間:105分

製作年度:2006年

 

【あらすじ】

高校の修学旅行で韓国に行くことになった草間えみり(黒木メイサ)は、インターネットで知り合った韓国人の男友達アンジヌ(ジャン・グンソク)に会えることを楽しみにしていた。そんな中、旅行の最中にクラスメートの携帯から聞き覚えのある着信メロディが流れ出す。それは鳴れば必ず死に至る、あの“死の着メロ”だった。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

前作は台湾に舞台が移ったけど、今回はなぜか韓国。

そして電話の着信から呪いの着信はメールになっていて、前作よりも設定がぶっ飛んでた。

未来の自分から来た死の予告メールを誰かに転送すれば助かり、転送された方は必ず死ぬという事に。

標的になったやつらはいじめをしていたやつらだから同情する余地はなかったけど、転送しようとしたり阻止しようとするクラスメートたちを見るのはすごく気分が悪かった。

呪いのメールよりもむしろ人間の醜さの方が怖いって感じ。

ホラー映画は怖いまま終わってほしいんだけど、今回も無駄に恋愛要素と感動要素を入れていて私的には微妙な映画だった。

呪いの原因がいじめられて自殺未遂をした明日香って子なんだけど、美々子の呪いと同調して“死の着信メール”ができたっていう設定はなんか無理やりすぎないかって思う。

無理やり接点をつけて“着信アリ”シリーズにねじ込んだって感じ。

呪いのメールを止めるために明日香のパソコンにメールを大量に送ってショートさせれば呪いが終わるとかなんか微妙。

明日香のパソコンに4万通のメールが届きパソコンが爆発して呪いは終わったみたいだけど…。

それに韓国に舞台を移した理由も良くわかんないし…。

韓国に呪いに関して接点があるわけじゃなくただ修学旅行に韓国へ行っただけっていう。

日本国内で完結させてもなにも問題ない内容だった。

ホラー好きとしては怖さが全くなかったからめちゃくちゃ残念だった。

 

 

wponkichi.hatenablog.com

wponkichi.hatenablog.com