映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝】エジプトの次はなぜか中国

f:id:wponkichi:20200705004035j:plain

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

【作品情報】

題名:The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor

ジャンル:アドベンチャー

監督:ロブ・コーエン

製作総指揮:クリス・ブリガム

脚本:アルフレッド・ガフ/マイルズ・ミラー

音楽:ランディ・エデルマン

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:112分

製作年度:2008年

 

【あらすじ】

”シャングリラの目”と呼ばれる巨大なブルーダイヤを返還するため、外務省の依頼で上海にやって来たリック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(マリア・ベロ)は、現地で遺跡の発掘にいそしんでいた息子アレックス(ルーク・フォード)と再会。そんな中、アレックスの発掘した皇帝のミイラが生き返る事件が発生する。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

エブリン役が変わったから、リックが離婚して新しい奥さんと結婚したのかと思った。

最初はもう少し似ている女優にすればよかったのにって思いながら観てた。

観ていくうちに違和感薄れて行ったけど。

エジプトからの中国への路線変更。息子のアレックスが中国の遺跡発掘をしている設定だから別に矛盾はないけど…。

2008年公開の映画だから1作目・2作目よりもアクションがハード。しかもCGてんこ盛りで派手な映画だった。

めちゃくちゃだけど嫌いではない。

リックとエブリンは第二次世界大戦が終わった後ロンドンで幸せだけど退屈な余生を過ごしていた。

そんな時、二人は外務省からブルーダイヤを上海の博物館へ戻しに行くと言う仕事を任されることに。

息子のアレックスは大学に行かずに中国で皇帝の墓の発掘調査をしており、リックとエブリンが中国にやってくる前に皇帝の墓を発見する。

そして、リック、エブリン、アレックスは中国で久しぶりの再会を果たす。

ちなみにエブリンの兄のジョナサンもなぜか中国でナイトクラブを経営して3人と再開。

ジョナサンのナイトクラブの名前が「イムホテップ」なのは少し笑えた。

ナイトクラブのコンセプトがエジプトだから、内装がエジプトチック。

次の日リックとエブリン、アレックスは上海博物館へ行き、館長にダイヤを渡してアレックスの発掘したミイラを見ることに。

そこで、館長とヤン将軍が組んで皇帝を復活させ中国を世界最強の国にするという計画を知ることに。

皇帝の墓守をしていたリンも加わり、復活を阻止しようとするけど抵抗むなしく皇帝は復活してしまう。

馬車で走る皇帝とトラックで追いかけるリックたち。結構迫力があって面白かった。

でも今回インディ・ジョーンズに似ているシーンが多かった気がする。

ナイトクラブでの乱闘とか、中国の街で追いかけっことか、飛行機の不時着とか…。

思い返すと「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」にそっくりな場面多かったなー。

復活したけど、リックたちが阻止したため不老不死の力は手に入れられなかった皇帝。

最終的には龍剣で胸をさされて消滅しちゃうけど。

今回も皇帝率いる陶器でできた兵士と皇帝に人柱にされた奴隷のミイラというか死体たちの戦いが激しい。

前の作品よりもファンタジー感が強めだけど、普通に楽しめた。

でも途中でイエティが出てくるのは驚いた。

 

 

wponkichi.hatenablog.com

wponkichi.hatenablog.com