映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ゲド戦記】ジブリ作品の中で一番面白くなかった…むしろひどい

f:id:wponkichi:20200701115501j:plain

ゲド戦記

【作品情報】

題名:TALES FROM EARTHSEA

ジャンル:アニメ

監督:宮崎吾朗

原作:アーシュラ・K・ル=グウィン

脚本:宮崎吾朗/丹羽圭子

音楽:寺嶋民哉

製作国:日本

上映時間:115分

製作年度:2006年

 

【あらすじ】

多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。やがて人々が魔法を信じることができなくなったとき、大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止めるための旅に出て、国を捨てた王子アレンと出会う。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

公開されてから1度見たきりで以後全く見てなかった。

ちょっと思い立ってもう一度見てみたけど、やっぱりジブリ作品のなかで一番おもしろくない。

ジブリってシリアスな内容でもどこかクスっと笑えたりするけど、この映画は一切笑いがないし原作知っているファンにしか理解できないんじゃないかっていう内容だしで微妙だった。

題名が「ゲド戦記」なんだけど、ゲドが主人公なのかアレンが主人公なのかよくわからないし。

全体的にフワっとしているからあんまし記憶に残らない内容だったし。

魔法使いのクモが死者の扉を開けた事で世界の均衡が崩れて、アレンがおかしくなり父王を殺して逃走。

体も精神も病んでいくアレンをゲドが助けて、テナーとテルーの元で4人で暮らすことに。

そこにクモが手下を派遣してテナーを拉致してアレンも城へ連れてきてしまう。

アレンはなんだかんだ自分を取り戻し強くなり、クモを倒すのかと思いきやなぜかテルーが竜になってクモを倒す。アレンは罪を償うために国へもどる事にする。

いろいろ詰め込み過ぎて逆に印象に残らない内容だった。

テルーの棒読み具合もすごくて内容よりもそっちの方が気になった。

内容は置いといて、映像と曲が良いからそれだけ楽しめば良いと思う。

テルーは喋りはダメだけど、歌は良い。

それぐらいしかみどころないし。

ジブリの映画って定期的に観たくなる作品が多いんだけど、この映画はそういった気持に一切ならない。