映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【グエムル〜漢江の怪物〜】途中まではすごく良い…けどラストがなんとも言えない

f:id:wponkichi:20200701112321j:plain

グエムル〜漢江の怪物〜

【作品情報】

題名:THE HOST/怪物

ジャンル:サスペンス

監督:ポン・ジュノ

製作総指揮:チョ・ヨンベ/キム・ウテク/ジョン・テソン

脚本:ポン・ジュノ/ハ・ジョンウォン/パク・チョルヒョン

音楽:イ・ビョンウ

製作国:韓国

上映時間:120分

製作年度:2006年

 

【あらすじ】

ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に、謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)の中学生の娘、ヒョンソ(コ・アソン)も怪物にさらわれてしまう。カンドゥは妹ナムジュ(ペ・ドゥナ)らとともに病院に隔離されていたが、携帯電話に娘からの連絡が入ったことから一家で脱出を試みるが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

序盤はすごくテンポが良くて面白かったんだけど、映画が進むにつれてダレていったというか微妙な展開が続き私的には微妙な終わりだった。

モンスターのクオリティとか緊迫感とかはめっちゃ良かったと思うんだけど、やっぱりラストが後味悪くてあんまり好きじゃない。

薬を処理せず、そのまま排水溝へ流しその劇薬が漢江に流れてしまう。

そうして数年たち、漢江に奇妙な生物が現れるようになった。

河原で露店を営んでいるカンドゥとその家族が仕事をしていると漢江から巨大な怪物がやってきて、河原にいる人たちを襲い始めた。

逃げまどう中、カンドゥの娘ヒョンソが怪物に連れ去られてしまう。

この最初のシーンが一番良かった。

怪物のビジュアルが不気味でしかも最初ははっきりと映らないから余計不気味さが増してたし。

逃げまどう人と怪物を倒そうとするカンドゥと米兵とのやり取りもめっちゃハラハラした。

カンドゥとカンドゥの家族が犠牲者の合同葬儀に出席していると政府の役人がやってきて怪物に接触した人たちを病院へつれて行き隔離してしまう。

怪物は未知のウイルスを保有しており、感染を拡大させないためという事だけどカンドゥと家族はヒョンソを助けるために病院を抜け出してしまう。

ヒョンソは怪物に連れ去られたけど下水道につれて行かれただけで死んではいなかった。

銃を手に入れたり色々準備するんだけど、怪物を助けることはできず。

カンドゥの父親が怪物に殺されちゃうし、カンドゥは政府に捕まるし、兄弟たちはバラバラになっちゃうし…。ここら辺からちょっと展開が微妙になっていく。

しかも、カンドゥは無意味な手術を受けさせられて頭に穴あけられてたし。

カンドゥと兄弟は怪物のいる橋の下へ向かい怪物を退治しようとする。

同時に政府は怪物に向けて猛毒の化学兵器を漢江に散布の準備を進めてしまう。

怪物はヒョンソと拉致した男の子を連れて川に姿を現し、そこに化学兵器が散布されてしまう。

怪物がのたうちまわっている隙に口の中にいたヒョンソを助けるカンドゥ。

そしてカンドゥの兄弟たちが火炎瓶やアーチェリーで怪物の体に火をつけることに成功する。

最後はカンドゥが鉄パイプを怪物い突き刺して怪物は息絶えてしまう。

ヒョンソは結局死んでしまうし、父親もぶっちゃけムダ死にみたいなもんだったし胸糞悪いラストだった。

あんだけ家族一丸となってヒョンソを助けようと頑張ってたのに結局死んでしまうラスト。てっきり助かるものだと思って見てたからテンション下がりまくりだった。

最初のグエムルが出てくる所がピーク。

バーベキューとかくつろいでいる人々の中に化け物が現れて次々と人が襲われていく。
このシーンが一番ハラハラして目が釘付けになった。

あとは家族でのやり取りやら、国家の陰謀やらで話がダレていっちゃうからちょっと残念だった。