映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ダージリン急行】ポンコツ3兄弟の仲直り旅

f:id:wponkichi:20200701110846j:plain

ダージリン急行

【作品情報】

題名:THE DARJEELING LIMITED

ジャンル:ドラマ

監督:ウェス・アンダーソン

製作総指揮:スティーヴン・レイルズ

脚本:ウェス・アンダーソン/ロマン・コッポラ/ジェイソン・シュワルツマン

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:91分

製作年度:2007年

 

【あらすじ】


ダージリン急行

 

父の死をきっかけに別々の道を歩みはじめ、それぞれの人生で悩み迷っていたホイットマン家の3兄弟、フランシス(オーウェン・ウィルソン)、ピーター(エイドリアン・ブロディ)、ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)。あるとき、事故で九死に一生を得たフランシスは、兄弟のきずなを取り戻すため、弟たちをインド旅行に誘う。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

パッケージがすごく可愛くて、しかも「グランドブタペストホテル」の監督作品という事でいつか見たかった映画の一つ。

3兄弟が主人公なんだけど、この3人中が良いのか悪いのか…。

1年間音信不通になってたっていってたから中が悪いんだろうなと思ったけど、そこまで険悪な感じじゃないし不思議な関係で面白かった。

3人ともなんかしら問題があるんだけど、なぜか憎めなかった。自分の周りにいたら絶対いやだけど…。

長男が一番めんどくさかった。

長男は仲が悪く一年ほど連絡を取っていなかった弟二人をダージリン急行に呼び出し聖地巡礼の旅を企画する。

そんな長男フランシスはバイクで事故を起こして死にかけて怪我が治りきらないままこの旅行を企画。

二男のピーターは離婚しようとしていた妻が妊娠しているのにも関わらず旅に参加。

三男のジャックは別れた彼女と旅の途中で合流してイタリア旅行をしようと計画していた。

3人ともどこかしら問題があるというか…。ダメな大人みたいな感じ。

フランシスはピーターとジャックにあれしろこれしろめちゃくちゃ口うるさい。

あんな兄弟がいたら切れると思うけど、ピーターとジャックはイラっとしてるけどケンカにならず…。

むしろ3人のやり取りが面白い。

ピーターは父親の遺品をくすねるというか独り占めしていて他の二人から顰蹙を買っていたり。

ジャックはダージリン急行の添乗員の女性リタと関係を持ってしまったり…。

シリアスなシーンでも全然そんな感じとか全くないし、険悪にならないしですごく観やすかった。

ダージリン急行でいろいろ問題を起こしていた3人。

禁煙なのにたばこを吸っていたり、毒蛇を持ちこんだり。

車掌から目をつけられていたのにフランシスとピーターが取っ組み合いのケンカ始め、ジャックがバザールで購入したペッパースプレーを二人にかけて大騒ぎを起こしてしまう。

その事で、客室から出てはいけない&次の停車駅で強制的に降ろされる事になってしまう。
降ろされる時にフランシスは仕事の相棒に暴言を吐いて愛想を尽かされてしまったり、次の電車が車で24時間あるため駅で野宿することになってしまったり踏んだり蹴ったり。

朝になり降ろされたところを歩いていると川に流された幼い兄弟を見つける。3人は兄弟を助けるけど、弟は助からずに死んでしまう。

兄弟3人はその子のお葬式に出る事になり、お葬式に出た事によって父親の葬式の事を思い出した3人。

その後3人は母親のいる修道院へ向かい母親と再会をする。

3人は母親から育児放棄されて育ち、そこで母と向かい会うけど次の日の朝母親はその修道院を出て行ってしまう…。

3人は列車に乗り込み旅を続ける…。

ピーターの子どもが男の子だとわかったり、フランシスは相棒と仲直りしたり。

父親の遺品と別れを告げて新しい道を踏み出したり、なんとなく良い方向に向かっているような3人だった。

色合いがすごく可愛い映画だった。

内容は結構シリアスな部分が多くて、途中で河でおぼれた男の子が死んでしまったり暗くなるような展開もあるんだけどそれほど暗い雰囲気にならずに最後は良い方向に向かっていく終わりになっているから観やすい映画になってたと思う。