映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ヒメアノ~ル】ただただみんな気持ち悪い

f:id:wponkichi:20200701104600j:plain

ヒメアノ~ル

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:吉田恵輔

原作:古谷実

脚本:吉田恵輔

音楽:野村卓史

製作国:日本

上映時間:99分

製作年度:2015年

 

【あらすじ】


『ヒメアノ~ル』予告編

 

普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田(濱田岳)は、同僚からカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋の橋渡し役を頼まれる。彼女が働くカフェへと足を運んだ岡田は、高校時代の同級生・森田(森田剛)と再会。ユカから森田につけ狙われ、ストーキングに悩まされていると相談された岡田は、森田がかつていじめられていたことを思い出し、不安になるが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

出てくる登場人物みんなヤバイ。

一番ヤバいのは殺人犯の森田だけど、その他の岡田も安藤もどこかしらネジがぶっとんでる。

この映画も観たら胸糞悪くなる映画だった。

面白かったけど。

森田の殺人シーンがリアルで観ていられなくなるぐらい酷かったけど、岡田のめんどくさい感じや安藤の気持ち悪さもなかなかだった。

最初は安藤がカフェの店員のミカの事が好きになり岡田を使ってミカのことをリサーチするところから始まる。そのミカを狙っていたのが岡田の高校の時の同級生である森田。

森田はミカのストーカーだと思っていたけどそれ以上にヤバい奴だった。

安藤の命令でミカと話すようになった岡田はミカに告白され付き合うことになる。

それをしった安藤がまた気持ち悪いと言うか一歩間違えると犯罪者になりそうな感じ。

岡田にミカと付き合ったらチェーンソーでバラバラにしてやるとか、失恋のショックで1週間会社を無断欠勤して髪型を奇抜に変えてみたり。

安藤役がムロツヨシだったんだけど、こんな気持ちの悪いムロツヨシ初めて見た。

ミカと付き合った岡田も相当めんどくさいやつで、ミカの過去の彼氏に嫉妬していじけてすねたり、見ていてすごく気持ち悪くてイライラした。

森田がおかしくなったのは高校の時にいじめられていた相手を殺してから。

森田のいじめの内容がえげつなすぎて頭がおかしくなるのも分かる気がするけど。

高校の教室内でオナニーしろと命令されたり、犬のフンを食べさせられたり…。

いじめ相手を殺した時の共犯である和草に反撃され、逆に殺した森田。

和草とその婚約者を殺し、自宅に火をつけた森田の狂気は加速していく。

街で目を付けた女性の家に押し入りレイプして殺したり、中年夫婦の家に押し入り奥さんを殺して帰宅した旦那を包丁で刺し殺し…。

通報で様子を見に来た警察官も刺し殺し、ミカのアパートのお隣さんを拳銃で撃ち殺し…。やりたい放題。

後半ほぼ森田の殺人ショーになってた。

森田役の森田剛が本当にすごかった。

演技してるの?ってぐらいリアルというか、ナチュラルに狂ってる人って感じだった。

気持ち悪い映画だったけど面白かった。

森田剛って今まであまり注目してなかったと言うか、出演している映画とか良く知らなかったんだけどこの映画を観てすごい人なんだなって思った。

本物のサイコパスなんじゃないかって感じるほど不気味で気持ち悪かった。