映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【哭声/コクソン】サスペンスかと思いきや衝撃のラスト

f:id:wponkichi:20200629000922j:plain

哭声/コクソン

【作品情報】

題名:THE WAILING

ジャンル:サスペンス

監督:ナ・ホンジン

脚本:ナ・ホンジン

音楽:チャン・ヨンギュ/タルパラン

製作国:韓国

上映時間:156分

製作年度:2016年

 

【あらすじ】


哭声/コクソン(字幕版)


哭声/コクソン - 映画予告編

 

警察官ジョング(クァク・ドウォン)が妻と娘と暮らす平和な村に正体不明のよそ者(國村隼)が住み着いて以来、住人たちは彼のうわさをささやいていた。やがて、村で突然村人が自分の家族を手にかける事件が発生する。犯人には、濁った目と湿疹でただれた肌という共通点があり……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

「お嬢さん」「アシュラ」と一緒にレンタル開始されていて、これも観たかったやつ。

しかも國村隼が出演しているのもポイント高かった。

サスペンスだけどホラー要素もあり、私好みの映画だった。けど、ラストが結構難しくてネットで解説を読むまで理解ができなかった。

というか、観る人によって解釈が変わる系の映画だったのかな。

結局どの登場人物が悪魔で、誰が村の人たちを守っていたのか謎。

警察官ジョングの住む村で猟奇殺人が発生するようになった。

一家が惨殺され、その犯人は必ずその家族の一人。

猟奇殺人が始まったのはある日本人が村にやって来て体と気がついたジョングは、日本人について調べ始める。

この日本人についてはある噂があり、裸で山を歩き回り鹿の死体をむさぼり食う姿が目撃されているという…。

日本人を怪しく感じたジョングは相棒の警官と日本語が話せる祭司を連れて日本人の家へ行くと、そこには被害に遭った家族の写真が壁に貼られており何か儀式が行われていたような跡が残されていた。

そして、ジョングの娘の靴が儀式に使われていたようだった…。

謎の日本人役の國村隼めちゃくちゃ良い味出してた。

台詞は少ないんだけど、表情というか不気味なオーラがすごくて。

鹿の死体をむさぼり食う姿とか無表情で迫ってくる姿とかめちゃくちゃ怖かった。

ジョングの娘が何かに取りつかれたようになり、ジョングに暴言を吐いたり食べ物をむさぼり食うようになってしまう。

そこでジョングと妻と、祖母は祈祷師を呼びお祓いを依頼することに。

ジョングと娘に合った祈祷師はジョングに最近出会ってはいけない何かと接触しなかったかと問いかけた。

ジョングは例の日本人の事だと思い、日本人の元へ行き家を破壊して犬を殴り殺してしまう。

そして、祈祷師によるお祓いが始まった。と同時に謎の日本人も儀式を始め、ジョングの娘が苦しみ始めてしまった。

娘のあまりの苦しみようにジョングはお祓いをやめてしまい、瀕死になっていた謎の日本人も息を吹き返してしまう…。

ジョングは村の男達を集め、謎の日本人を殺しに行く事にする。

日本人は逃げ回るが、最後にトラックに惹かれて死んでしまう…。

祈祷師は謎の日本人が悪魔だと思っていたが、実は前にジョングが出会った謎の女こそが悪魔だとジョングに伝える。

ジョングは女が悪魔なのか謎の日本人が悪魔なのか分からなくなってしまう。

そして謎の女の忠告を聞かずに自宅に戻ると娘が妻と祖母を刺し殺した現場を見てしまう…。

私の解釈としては謎の日本人が悪魔で、祈祷師は悪魔を崇拝している男。

謎の女は村を守ろうとしていた守り神的な存在だったのではないかと…。

最後、謎の日本人は悪魔の姿に変わってたし、祈祷師は謎の日本人の家にあった大量の写真を持っていたし。

最後の解釈が良く分からなかったけど、解説を読みなんとなく納得。

面白い映画だったけど難しかった。

 謎の男で恐らく悪魔の國村隼がすごい。

演技もそうだけど、目が赤くなってたり、最後には悪魔の姿に変化したりすごく怖かった。

サスペンス映画として観たけど、最後の最後でホラーテイストがあり私好みの面白い映画だった。