映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【アシュラ】そして誰もいなくなった系のバイオレンス映画

f:id:wponkichi:20200629000155j:plain

アシュラ

【作品情報】

題名:ASURA: THE CITY OF MADNESS

ジャンル:サスペンス

監督:キム・ソンス

脚本:キム・ソンス/キム・ジョンス

製作国:韓国

上映時間:133分

製作年度:2016年

 

【あらすじ】

アンナム市の市長という立場を利用し、利権をむさぼろうと犯罪を繰り返すパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)。刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、末期ガンに侵された妻の治療費稼ぎを理由にその処理を請け負っていた。市長検挙に燃える検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)は、彼を脅迫して捜査への協力を迫る。市長と検事たちの間に立たされたドギョンだが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

刑事のドギョンが悪徳市長と市長を検挙しようとする検事に板ばさみになりどうしようもなくなるっていうストーリー。

ドギョンは妻の治療費を稼ぐために市長につくしかなかったんだけど、ドギョンは検察にも脅されて市長をスパイしろと言われ…。

市長のソンべが本当に嫌な奴で実の兄ですら政治の道具に使い、使えなくなったら切ってしまうという…。

最後は誰も幸せにならない胸糞悪い映画だった。面白かったけど。

ドギョン刑事でありながら市長の命によって市長が行った犯罪行為の後処理をする犯罪に手を染めていた。

その際、先輩の刑事と口論になりドギョンは先輩刑事を死なせてしまう。

その場にいた麻薬中毒者でドギョンが駒として使っていた男に刑事殺しの罪をなすりつけたが、検事にバレてドギョンは脅される事になってしまう。

末期がんの妻の治療費を稼ぐために市長の犯罪の後始末をしていたが、そのポジションを刑事の後輩であるソンモに奪われていってしまう…。

刑事を辞めてソンベのもとで仕事をしようとしていたけど、検事に脅され辞表を握りつぶされスパイをすることに…。

ソンベからは刑事をやめないドギョンに不振の目を向け始め…。

ソンベに追い詰められ、検事達からも脅されてどうにもならない状態になっていくドギョン…。

妻が人質に取られているようなもんだけど、どっかと奥に逃げればよいいのにって思いながら見てた。

ソンベの側近が麻薬事件を起こした事で、その側近をソンモを使い殺したソンベ。

その葬儀にドギョンが参列したが、その場でドギョンは自分が検察と繋がっていることをソンベにばらしてしまう。

外で待機していた検事達はソンベと対峙することになったが、そこからドンパチが始まり結局ソンベを含むその場にいたほとんどの人間が死ぬという結果に…。

多分ドギョンもかなり撃たれていたから死んだんじゃないか…?って思うけどそこで終わっちゃったから最後どうなったか不明。

少し終わり方が「地獄でなぜ悪い」に似てた気がする。

バイオレンス、アクション、ドンパチ系の映画が好きな人は面白いと思う。

面白いけど1回見ればいいな。かなり長い映画だし。