映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【君の名は。】映像と曲が本当に良い

f:id:wponkichi:20200628235407j:plain

君の名は。


【作品情報】

原題:YOUR NAME.

ジャンル:アニメ

監督:新海誠

原作:新海誠

脚本:新海誠

音楽:RADWIMPS

製作国:日本

上映時間:106分

製作年度:2016年

 

【あらすじ】


「君の名は。」予告

 

1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

やっぱり新海誠監督の映画は映像が綺麗。

特に空の描写がリアルですごい。

いつもの新海監督の映画って好き合っているのにくっつかなかったりすれ違いで終わってしまったり大人の恋愛みたいな作品が多いなって思っていたんだけど、今回はそんなこともなく収まるところに収まった感じで私的にはすごく良かった。

秒速5センチメートル」とか観終わった後に“あぁぁ~”ってなる展開だったし…。

ラストの方で秒速と同じくすれ違いで終わるのか…とヒヤヒヤしたけど、ちゃんと出会って終われて本当に良かった…。

田舎町に住んでいて、昔からある神社の跡取りである三葉。

三葉は田舎を出て都会に行きたいと思いつつ、高校生活を過ごしていた。

瀧は東京の都会ど真ん中に住んでいる普通の男子高校生。

そんな二人がある日目が覚めると体が入れかわっていた。

いきなり体が入れかわってもなんとか高校生活やれるもんなんだな…。

友達とかバイト先とか周囲の人には不信感バリバリもたれてたけど。

三葉なんて、体が入れかわると毎回カフェへ行ったりしてバイトもこなして。

入れかわり先でなんだかんだ居場所を見つけて行く二人がちょっとすごいと思った。

瀧がバイト先の憧れの先輩とデートをした日から、三葉と入れかわる事がなくなってしまった。

三葉の事が気になっていた瀧は三葉の故郷を探し出し、飛騨の方へ行く事に。

そこで、三葉の故郷が3年前の彗星来訪の際に隕石が落ちて大勢の人が亡くなるという災害に合っていた事、そして三葉や三葉の妹、友達、祖母もすでに亡くなっている事を知る。

もう一度三葉に会いたかった瀧は以前口噛み酒を奉納した場所へと向かい、三葉の口噛み酒を飲み再び三葉と入れかわることに成功する。

三葉と入れかわった瀧は、彗星が落ちても町の人たちが助かるように爆発事件を起こすことに…。

町の人たちを避難させようと翻弄する瀧なんだけど、三葉の父親がまぁムカツク。

町長だし、町に彗星が落ちてくるなんて話信じられないのは判るけど、実の娘にする態度じゃないよねって感じですごく腹が立つおっさんだった。

三葉と入れかわっている瀧もめっちゃ切れてたし。

瀧と三葉は黄昏時に合うことができ、告白し合うんだけど黄昏時が終わると相手の姿が消え段々と名前も顔も忘れていってしまう…。

名前は忘れてしまったけど、彗星落下は覚えている三葉は急いで父親の元へ行き町の人たちを避難させる事に成功する。

その後、町は壊滅状態になったため三葉は家族と共に都会へ引っ越し。

瀧は就職活動に奔走する毎日を送っていた。そんな二人が都会でまた出会い名前を瀧が名前を聞く…。

良い終わり方だった…。

余計な後日談もなく、けど二人はちゃんと再会できて次に行ける感じが本当によかった。

最後の方ですれ違ったまま行っちゃうシーンがあってマジか…ってなったけどちゃんと再開シーンまで描かれていて心底ほっとした。

新海監督の映画で今まで一番「言の葉の庭」が好きだったけど、「君の名は。」も同じぐらい良い映画だった。