映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【西の魔女が死んだ】梨木香歩原作の癒しの映画

f:id:wponkichi:20200626112944j:plain

西の魔女が死んだ

 

【作品情報】

ジャンル:ドラマ

監督:長崎俊一

原作:梨木香歩

脚本:矢沢由美/長崎俊一

音楽:トベタ・バジュン

製作国:日本

上映時間:115分

製作年度:2008年

 

【あらすじ】


映画「西の魔女が死んだ」 予告編

中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は登校拒否になり、大好きなおばあちゃん(サチ・パーカー)の住む田舎で過ごすことになる。日本に長年住むイギリス人のおばあちゃんは、西の魔女と呼ばれていた。まいはおばあちゃんから魔女の手ほどきを受け、何でも自分で決めるということを教わる。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

題名に魔女ってついているけど、ファンタジー要素はなくただひたすらおばあちゃんと孫との生活を描いている映画なんだけどすごい良い映画だった。

派手な映画好きな人には向かないと思うけど、私はかなり好き。

おばあちゃんの元で魔女修行をするまい。

この修行っていうのがやろうと思えば誰でも実行できるものばかり。でも、それが一番難しい事なんだと実感させられた。

規則正しい生活を行い、何事にも動揺しない強い意志を持つために日々生活をしていくという修行。

学生の時に観た時は何も感じなかったけど、今観ると大人になってこういう普通の生活を送ることがどれだけ難しいかってすごく実感できた。

中学校に入学したまいは学校になじめず登校拒否になってしまう。

そこで、まいのお母さんは田舎に住むイギリス人のおばあちゃんのもとで暮らすように提案する。

まいはしばらくの間おばあちゃんと一緒に暮らすことになった。

おばあちゃんとの生活は野いちごのジャムを作ったり、庭の手入れをしたり自然の中でのびのび過ごすというものだった。

最初は夜更かししたり寝坊したりという毎日だったまいだけど、おばあちゃんから魔女の話を聞き、まいも魔女修行をすることを決意する。

魔女修行は朝7時に起きて、午前中は掃除や庭のお手入れなど。午後は勉強をしたり読書をし夜は11時には寝るというもの。

修行に慣れ始めた頃、まいの心を乱す出来事が起き始めてしまう。

まいの心を乱すのはお隣に住むゲンジさんという中年の男性。

おばあちゃん家に着いた日には車の中を覗き込んでまいに失礼な事を言ったり、ゴミの日にはアダルト雑誌を捨てたり…。

いちいちまいが不快な思いをするような事をするおじさん。

ゲンジさんにに不信感ばりばりのまいはおばあちゃんが飼っているニワトリが野犬に襲われた時はゲンジさんが飼い犬にやらせたんだと決めつけてしまう。

雨の日にはおばあちゃんの敷地に来て、まいのサンクチュアリに侵入している現場を目撃しまい激怒。

あんな人死んじゃえばいいんだって言った事でおばあちゃんはまいのほっぺたを叩いてしまう。

結局おばあちゃんとこの事で少し蟠りを残したまま、まいは両親のもとへ帰ることになってしまった。

おばあちゃんと暮らしてた時から2年。おばあちゃんが亡くなったと連絡が来てお母さんと一緒におばあちゃんのもとへ向かうまい。

あの時、おばあちゃんと言い合いをしたままちゃんと仲直りをしなかったことを後悔するまい。

でも、サンルームに出た時に窓ガラスに書かれたおばあちゃんからのメッセージに気が付き約束を覚えていてくれたことにまいは感激する。

最後にはゲンジさんにも良い所があったり、優しい気持ちになれる映画だった。

何でもないような日常がすごく幸せに見える。

おばあちゃんとワイルドベリーを摘みジャムを作ったり、庭でシーツを洗ってラベンダーの上で干したり、虫除けの薬をハーブとかで作ったり。

すごく充実した毎日を過ごしてるなぁって羨ましくなる映画だった。