映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer】ドラマを観てからじゃないと良く分からないかも…

f:id:wponkichi:20200626110054j:plain

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer

 

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:堤幸彦

脚本:西荻弓絵

音楽:見岳章

製作国:日本

上映時間:119分

製作年度:2000年

 

【あらすじ】

カルト的人気を博したTVドラマシリーズの劇場版。迷宮入りした未解決事件の継続(ケイゾク)捜査を専門とする警視庁捜査一課・弐係を舞台に、ちょとトボけた東大出の研修生・柴田純が難事件を解決してゆく様を描く。断片的な映像を連打したようなライブ感、斬新なカットの積み重ねによるグルーヴ感など、TVドラマ界の鬼才として知られる堤幸彦監督の手腕が冴える秀作。また、個性豊かな登場人物たちや独特のユーモアといった従来の魅力はもちろん、TVシリーズで残された主人公たちのトラウマも明らかに。中谷美紀渡部篤郎、鈴木沙里奈、泉谷しげる竜雷太共演。ある日、弐係に一通のパーティ招待状が届く。それは15年前に沈没した豪華客船の生存者たちにも届けられていた。彼らとともに、会場である厄神島へと向かう真山と柴田。しかし招待客たちは絶海の孤島で、ひとりまたひとりと姿を消してゆく……。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

ケイゾクのドラマシリーズを観てたから何となく映画も見てみた…。けどやっぱり良く分からなくて、見終わった後に考察しているブログとか読み漁った。

話の軸になるサスペンスは面白いんだけど朝倉が出現するあたりから、世界観が一変して良く分からなくなった。

ドラマも結構独特な雰囲気があったけど、映画はそれ以上に独特な雰囲気があった。

捜査一課弐係にある依頼が舞い込んできた。

15年前に起きた第七神竜丸沈没事件の生存者宛てに、事故で亡くなった霧島夫妻の娘から厄神島への招待状が送られてきたため警察の人も一緒に来て欲しいと言う依頼だった。

弐係長となった柴田は絶対に行くとして、もう一人一緒に行かなくてはならず、くじで真山が行く事に。

そうして沈没事件の生存者たちと共に柴田・真山も厄神島へ行く事になった。

厄神島に到着し、城で七海が待ち構えていた。

そこで次々と殺人事件が起こり、柴田がいつものように推理して解決する。

ここで犯人を問い詰めて終わりにすればスッキリと終われたと思う。

犯人を問い詰めた後に黄泉の入り口が開いて良く分からない展開になって置いてけぼり感が半端なかった。

犯人を問い詰めている途中から霧が出始めて何故か死んだ人たちが現れ始める。

厄神島にはあの世と繋がっているという伝説があるって前置きはあったんだけど。

この島に壷坂とか木戸とか現れ始め最初は理解できずに頭に?が湧きまくった。

しかも、真山は朝倉に死者とずっと一緒にいられる世界へ行こうと誘われたりいろいろとぶっ飛んだ展開に。

前半までの殺人事件を解決するまではいつも通り面白い。

後半はオカルト入ってきて内容に追いつけなくてわからなくなったけど。