映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【サカサマのパテマ】サカサマなのはパテマだと思ってた

f:id:wponkichi:20200626104444j:plain

サカサマのパテマ

【作品情報】

原題:Patema Inverted

ジャンル:アニメ

監督:吉浦康裕

原作:吉浦康裕

脚本:吉浦康裕

音楽:大島ミチル

製作国:日本

上映時間:99分

製作年度:2013年

 

【あらすじ】

果てしなく坑道が続く地下世界に暮らす、地下集落のお姫様・パテマ。天真らんまんで好奇心旺盛なパテマのお気に入りは、立ち入り禁止となっている「危険区域」を探険することだった。世話役のジィの心配をよそに、いつものように危険区域へ飛び出したパテマだったが、予想だにしなかった出来事に遭遇してしまい……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

空を嫌うアイガ族のエイジと地下世界の住人パテマが出会い、アイガ族の独裁者イザムラと戦うストーリー。

重力の向きが違うアイガ族と地下世界の住人っていう設定がすごく面白かった。

当たり前だけど、今まで頭上にある空に落ちて行くという事がめちゃくちゃ怖い。

そして、独裁者のイザムラにかなりイラッとした。

独裁者って頭がおかしいってイメージがあるけど、そのイメージそのまんま。

エイジの父は空を目指していたが、その途中に事故に遭って亡くなっていた。

それ以来エイジは今の全ての事を管理されている生活に鬱憤を募らせていた。

パテマは長い間行方不明になっている友人ラゴスを探す為に立ち入り禁止区域などに出入りしていた。

そんなある日、パテマは立ち入り禁止区域でコウモリ人間に襲われて、大きな穴に落ちてしまう。

穴に落ちたパテマはアイガ族の世界でエイジと出会う。

エイジはパテマを匿うけど、監視の目があるためパテマは独裁者イザムラに捕えられてしまう。

捕えられてしまったパテマはそこで保存液に漬けられて息絶えているラゴスを見つけ、エイジは父親の死が事故ではなくイザムラの命令で殺されたと言う事を知ってしまう。

イザムラが本当にムカつく。地底人を異常なほど毛嫌いして、空に落ちるのに怯えているパテマに対して落ちないように自分にしがみついて怯えている様が良いとか言っちゃうサイコパス。めちゃくちゃ気持ち悪いおっさんだった。

イザムラに殺されそうになったエイジはパテマと共にアイガの空へ落ちて行ってしまう…。
宇宙空間にいくのかと思ったら、アイガの空は人工物だった。

天井にたくさんの電球が付けられていて、それがアイガを照らしていた。

エイジとパテマはエイジの父が死ぬ間際に乗っていた飛行船を見つけ、この飛行船に乗って再びアイガへ。

アイガで再びイザムラに捕まりそうになるが、二人は地下世界へ逃げることができた。

二人は逃げたけど、執念深く追ってくるイザムラ。

二人を追いかけて地下住人たちを見つけてパテマとエイジともども一掃しないと気が済まないらしい…。

地下世界で地下の住人たちと再会を果たすパテマだけど、イザムラに追われさらにエイジと共に地下世界の上層へと落ちて行ってしまう。

エイジとイザムラがもみ合うとその上層が崩れ廃墟になった高層ビル群と本物の空が現れた。

イザムラは本当の空へ落ちて行き、パテマとエイジは真実をしることに。

パテマ達地下住人達は、地球の重力を逆にしてしまった研究者たちの末裔。

そして、アイガ達は重力が逆になり地下の巨大空間で暮らしていた人々だった。

最初はパテマがサカサマ人だと思ってた。最後の最後まで全然思いもしなかった展開。

イザムラは忌み嫌っていた空に落ちて行った。

途中どっちが重力でどうなってるんだって混乱したけど、すごく面白いアニメだった。