映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【にがくてあまい】ベジタリアンのゲイと肉食系女の同居生活

f:id:wponkichi:20200624132308j:plain

にがくてあまい

【作品情報】

ジャンル:コメディ

監督:草野翔吾

原作:蒲谷氏ユミヲ

脚本:大歳倫弘

製作国:日本

上映時間:96分

製作年度:2016年

 

【あらすじ】


映画『にがくてあまい』本予告


男運のない仕事一筋のキャリアウーマンのマキ(川口春奈)は、ある日、男子校の美術教師をしているイケメンの渚(林遣都)と出会う。2人はふとしたきっかけで同居することになるものの、料理ひとつ満足にできないマキに対する料理上手の渚の態度は素っ気ない。家事も野菜も苦手なマキと、料理好きで菜食主義者の渚はことあるごとにぶつかり合う。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

出てくる料理がどれも美味しそう。

肉とか全く使ってないベジタリアン料理なんだけど、肉を使ってるような食感だったりとか凄くおしゃれな料理ばっかりでお腹が空く映画だった。

恋愛映画かなぁと思ってたけど、恋愛要素もあまりなくすごく見やすかった。

主人公のマキは渚がタイプだけど渚はゲイだしちょっと特別な同居人って感じ。

最終的に渚もマキを好きになるのかなぁとか思ってたけど、2人は同居人のままでそれが良かった。

キャリアウーマンのマキは部屋の更新で、アパートを出なくてはならずある日バーで出会った高校教師の渚を脅して渚の家に転がり込む。

渚と同居するルールとして渚が出す食べ物を残さず食べるように言い渡されるマキ。

マキはある理由で野菜が大嫌いなんだけど、渚はベジタリアンなので料理は全て野菜。

最初は拒否反応を見せるマキだったけど、渚の料理がめちゃくちゃ美味しくて野菜が食べられるようになっていく。

渚の料理が本当に美味しそう。

ひき肉を使わないキーマカレーやきのこたっぷりのシチュー。

ゴーヤの茶碗蒸しとか作ってみたい!って思うような料理ばっかりだった。

マキはゴーヤのCMの企画を任されるけど、出演をお願いしている子役の女の子に断られたり大事な書類を忘れてしまったり仕事が上手くいかない…。

さらに、仕事が忙しくて渚の弁当も残してしまい渚と険悪になってしまう。

前に渚と同居していた友人でインドに行っていたアラタが帰ってきて3人で同居をする事になったり。

アラタが良いクッション材になってたんだけど、マキが布団にキノコを生やした事でまたまた渚とマキの仲が悪化。マキは家を出て行くと啖呵を切ってしまう。

マキの仕事は渚が教えてくれたゴーヤの茶碗蒸しで乗り切り、キノコ事件はキノコのシチューと砂糖の入った麦茶で一応仲直り。

ということで、マキと渚はマキの実家に行く事に。

アラタが渚とマキの仲を掻き回しちゃうのかなぁとか思ってたらめっちゃ良い人!

マキが出て行くって言った時必至に引き留めたり、渚に兄貴の墓参りに行きなと言ってくれたり。

一見めちゃくちゃな人かと思いきや実は常識人ぽい感じが凄く好きだなぁと思った。

仲直りしたマキと渚はマキの実家であるハルバルファームへ行く事に。

ハルバルファームは無農薬野菜を作っている人気の農家で、予約してもなかなか手に入らない野菜を栽培している。けど、ここまで農業が軌道にのるまで時間がかかりその事でマキと父の仲は険悪になっていた。

渚がいてくれた事で父とも和解ができたマキ。

久しぶりに実家の料理を食べ、成人式用に両親が買ってくれた振袖を着ることもできた。

マキが寝てしまった隙に、渚は先に帰宅しようとするんだけど起きたマキがバイクで追いかけて一緒に渚の兄の墓参りへ。

マキは渚のおかげで実家に帰ることができ、渚はマキのおかげで長年行くことができなかった兄の墓参りへ行くことができた。

マキは渚のお弁当を大事に食べるようになり、渚はマキに感謝の花言葉のあるトマトづくしのお弁当を作ったり恋愛関係にはならないけどお互い大切な存在になっているラストで凄く良い終わり方だったなと思う。

無理に2人をくっつけたりしないで、あえてそのままの関係っていうのが本当に良かった。