映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【僕達急行A列車で行こう】電車が繋ぐ人の縁

f:id:wponkichi:20200624124323j:plain

僕達急行A列車で行こう

【作品情報】

ジャンル:コメディー

監督:森田芳光

脚本:森田芳光

音楽:大島ミチル

製作国:日本

上映時間:117分

製作年度:2011年

 

【あらすじ】


映画『僕達急行 A列車で行こう』予告編

 

会社員の小町(松山ケンイチ)と鉄工所2代目の小玉(瑛太)は、鉄道という共通の趣味をもつ友人同士。九州に転勤になった小町は、くせものの地元企業社長(ピエール瀧)と鉄道をきっかけに盛り上がる。ところが、恋愛となると小町も小玉も趣味や仕事のように順調とはいかず、悩みを抱えていた。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

始終のほほんとしてるんだけど、最後まで面白かった。

いろんな電車がたくさん出てくるから鉄道ファンはさらに楽しめるんじゃないかと思う。

そして何より地元の路線が出てくるとかなりテンション上がる。

地元の路線がかなり頻繁に出てくるし、瑛太松山ケンイチが乗っててちょっと嬉しかった。

特に鉄道ファンではないんだけど、身近な場所とかモノが出てくると気分が上がる。

結構いい年になってから鉄道繋がりで出会った小玉と小町。

友達になってそんなに時間が経ってないのに何か昔からの親友同士みたいで微笑ましかった。

小玉の父親が経営している町工場の上の空き部屋に小町が住むことになったり、休みの日は一緒に電車載ったり、同じ趣味の友達っていいなぁってすごく思った。

仲良くしてた二人だけど問題もあるわけで、小玉の町工場は銀行からの融資を受けられず厳しい状態。

小町は東京から九州へ転勤になってしまったり…。

二人仲良くしてたのにすぐ離れ離れになっちゃうのー…って思ったけど全然大丈夫だった。

小玉が九州に遊びに行って九州の鉄道に乗りまくってめっちゃ楽しそうだったし。

鉄道オタクの人ってあんまり良いイメージなかったんだけど、この映画を見て少しイメージ変わったかも。

実際に小玉や小町みたいな鉄オタいるかわからないけど。

遊びに来た小玉と九州の鉄道に乗って休日を楽しんでいると、同様に鉄道オタクのおじさんとなかよくなる二人。

気のいいおじさんなんだけど、実は地元の企業の社長で小町が進めている仕事に欠かさない人物だった。

鉄道で知り合って仲良くなってさらに仕事で関わることになり上手くいき始める小町。

しかも、九州に作る工場に必要な機械の部品を小玉の町工場で作ることになり小玉の町工場の経営も良くなり全て丸く収まる感じのラスト。

いい映画だった。

結構単調な映画だから合わない人には合わないかもしれないけど、私はかなり面白い映画だと思った。

小玉と小町の空気感が好き。

九州の地元企業の社長がコレクションしているHOゲージ?がすごくカッコよかった。
あれだけ揃ってると壮観。

電車の種類も凄いし、パノラマも細かくて鉄道模型に興味のない私でも「すげー」って思うぐらい凄かった。