映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【恋妻家宮本】熟年離婚危機?の中年夫婦の恋の話

f:id:wponkichi:20200624102254j:plain

恋妻家宮本

 

【作品情報】

題名:恋妻家宮本

ジャンル:コメディ

監督:遊川和彦

原作:重松清

脚本:遊川和彦

音楽:平井真美子

製作国:日本

上映時間:117分

製作年度:2016年

 

【あらすじ】


阿部寛&天海祐希が夫婦役 映画「恋妻家宮本」予告編

 

子供が独り立ちした中学教師の宮本陽平(阿部寛)と妻・美代子(天海祐希)は、25年ぶりに訪れた夫婦二人きりの生活に困惑してしまう。ある夜、妻側の記入欄がきっちり記載された離婚届を見つけた陽平は激しく動揺するが、美代子に意図を聞き出すこともできず悶々とした日々を過ごす。混乱しながらも陽平は、料理教室の仲間や教え子と関わる中で家族の在り方を見つめ直し……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

高校教師の宮本とその妻美代子の離婚危機の話なんだけど、それだけじゃなくて宮本の教え子のボン一家の問題とか、宮本が通っている料理教室で一緒のグループにいる女性二人の結婚問題とかいろいろな問題が組み合わさってコメディで基本笑える映画だけど少しホロリとなったりホッコリとしたりする良い映画だった。

高校教師の宮本は全てにおいて優柔不断で妻の意見に従うように生きてきたような男。

学生の時に現妻の美代子と付き合い、子どもができたため妻は教師になる事を諦め、宮本は院へ行くことをやめて結婚。

できちゃった結婚だけど普通に幸せに暮らし、息子も結婚して夫婦二人生活になった宮本と美代子。

そんな宮本はある日読み返そうと思った本に離婚届が挟まっているのを発見してしまう。

妻に離婚届について問い詰めようと思うも気の弱い宮本はなかなか言い出せず・・・。

料理教室の女性2人に相談するも奥さんが浮気しているのではと言われ不安になってし

まったり・・・。
結局は浮気でもなんでもなく、すれ違いによるものだったんだけど配偶者が離婚届を隠し持っていたらかなりショックだと思う。

自分も見つけてしまったら日常生活を普通に過ごすことができなくなる自信ある・・・。

結構ヘビーな内容だと思うんだけど、全体的に軽めだから楽しめながら見ることができた。

熟年離婚が増えている今だからこそ熟年夫婦に見てもらいたい映画かなと思う。

ボンの父親は海外赴任で母親は不倫。

しかも不倫中の事故で入院中というこちらもヘビーな家庭環境。

現在ボンは妹と一緒に祖母と一緒に暮らしているんだけど、祖母がかなり厳しい・・・。

浮気した母親を許せないのはわかるんだけどボンや妹の前で母親の批判やら悪口やらを容赦なく言っちゃう。

言っていることは確かに正論なんだけど、その正論がボンや妹が追い詰められてしまっているのに気が付かず・・・。

宮本の言葉で少しだけ祖母の頑固さが和らいで、ボン一家も良い方向へ向かっていったのはすごい良かった。

宮本の趣味の料理が役に立ったと言うか良い仕事していた。

宮本の通う料理教室は3人で1グループで課題の料理をするというもの。

宮本と一緒に料理するのが、クールだけど突拍子もない発言をする五十嵐真珠と結婚を控えて彼とラブラブな門倉すみれ。

五十嵐は結婚しているけど旦那の愚痴ばかりでいつ離婚しようか考え中。

門倉すみれは結婚式に向けて準備中で花嫁修業のため料理教室に通っていた。

でも結局すみれは婚約解消することになってしまい料理教室も辞め、仕事に生きると言う選択をし、真珠は夫が倒れて病院へ運ばれたことに動揺したり言い争いはかなりするけど何だかんだ仲良い似たもの夫婦と言うことでたぶんずっと結婚生活続けていくんだろうなぁって感じ。

料理教室の同じ生徒同士なんだけど、深入りしない関係というか知らないもの同士だからこそ赤裸々に結婚生活について相談できる間柄でちょっと羨ましいなぁと思ったり。

あまり目立つ役どころじゃなかったけど、五十嵐真珠が面白かった。

宮本の息子夫婦がすごい良い味出してた。

息子もすごい良い人なんだけど、特に奥さんが良い。

宮本と美代子が口論して美代子が息子夫婦の家に家出するんだけど、快く受け入れるし父親がやってきた時は協力して影ながら応援したりと目立たないけどすごい良い役どころだったと思う。