映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【28週後…】アホな家族のせいでイギリスが全滅する話

f:id:wponkichi:20200508121103j:plain

28週後

 

【作品情報】

原題:28 WEEKS LATER

ジャンル:ホラー

監督:フアン・カルロス・フレスナディージョ

製作総指揮:ダニー・ボイル/アレックス・ガーランド

音楽:ジョン・マーフィ

製作国:イギリス/スペイン

上映時間:104分

製作年度:2007年

 

【あらすじ】

人間を凶暴化させる“RAGEウイルス”の猛威が収まり、復興計画が始まったイギリス。スペイン旅行中でウイルスの難を逃れたタミー(イモジェン・プーツ)とアンディ(マッキントッシュ・マグルトン)の姉弟は、父親のドン(ロバート・カーライル)と再会を果たす。しかし、感染を逃れたドンには子どもたちに言えない秘密があった。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

ゾンビパニックから逃れたタミーとアンディ姉弟と父親のダンとの再会から物語が始まる。ハラハラするというよりイライラすることのほうが多いストーリーだった…。

タミーとアンディが施設から抜け出して母親を探しに行き、感染しているけどゾンビの症状が出ていない母親を発見する。

そのまま母親は研究施設へ。

姉弟は何のお咎めもなく施設へ戻るというね。

父親のダンもアホ過ぎる。というか姉弟よりも頭が悪い。

ダンは結構偉い役職を持っていて一般人が入れないところにも入れる。

だから研究施設にいる妻に会いに勝手に行き、そこで妻からゾンビ菌をもらって発症。

妻が一番かわいそうだわ。一度ゾンビに襲われて次にゾンビになった夫に殺されちゃうとか…。

感染したダンが暴走して施設は壊滅。

ラストはさらなる感染拡大を予感させて終了。

ホラー映画はドキドキして楽しみたいけどこの映画は始終イライラする内容だった。