映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【となりのトトロ】未就学児と見たい映画NO.1

f:id:wponkichi:20200623104730j:plain

となりのトトロ

 

【作品情報】

原題:MY NEIGHBOR TOTORO

ジャンル:アニメ

監督:宮崎駿

原作:宮崎駿

脚本:宮崎駿

音楽:久石譲

製作国:日本

上映時間:88分

製作年度:1988年

 

【あらすじ】

スタジオジブリが制作した宮崎駿作品の最高級傑作アニメ。物語の舞台は昭和30年代。大学で考古学を研究する学者のお父さん、小学6年生のサツキ、4歳のメイの3人が引っ越してきたのは、豊かな自然と美しい四季があふれる田舎の、「お化け屋敷」のような一軒家。しかし本当に出たんです…… トトロが。今やその内容に触れる事自体無駄なような、小学生以下のこどもがいる家庭には必ず置いてあるというファンタジー・アニメーション。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

やっぱりトトロはいいね。

今まで何十回とみてきたけど、子どもと一緒に見たのは初めて。

一度見てトトロのファンになった子ども。

映画を楽しむよりトトロを楽しんでいる子どもを見るのが面白かった。

私が生まれる前に公開された映画なのにいまだに色褪せずに子どもを魅了するトトロが凄い。久しぶりに見て私も楽しかった。

さつきとメイがバスを待っているときにトトロがやってきて傘をさすシーンが一番好き。

水滴が傘に落ちるときのトトロが本当にかわいい。目をキラキラさせて本当に楽しそうなシーン。

トトロには何か怖い都市伝説的なものがあるらしいけど、やっぱり純粋に映画を楽しむのが一番良いね。

毎日見るのはダメだけど、トトロのDVD買っちゃおうかな…。