映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【曲がれ!スプーン】エスパー達の秘密のクリスマスパーティ

f:id:wponkichi:20200621235241j:plain

曲がれ!スプーン

 

【作品情報】

ジャンル:コメディ

監督:本広克行

原作:上田誠

脚本:上田誠

音楽:菅野祐悟

製作国:日本

上映時間:106分

製作年度:2009年

 

【あらすじ】


曲がれ!スプーン(プレビュー)

 

超常現象バラエティー番組のAD・桜井米(長澤まさみ)は、番組の企画で本物のエスパーを探し出すハメに。視聴者からの投稿を頼りに日本全国を旅して回るが、現われるのは有名人になりたいインチキ超能力者ばかり。それでも取材をあきらめない米は、次の取材対象者が待っている喫茶店「カフェ・ド・念力」に行くのだが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

こういうゆるい映画本当好き。

何も考えずにひたすら楽しめるし。

同じ監督の「サマータイムマシンブルース」も大好きな映画だけど、この「曲がれ!スプーン」もめちゃくちゃ面白かった。

出てくる俳優が良い。あまり有名な俳優じゃないけど超能力を持ってる人たちが個性的でめっちゃ良かった。

小さい頃に謎の飛行物体を見てから、超常現象やらUMAやら不思議なことに興味を持った米。

大人になった米は「あすなろサイキック」という超常現象や超能力を検証する番組のADとなる。

そこで、米は上司から全国から送られて来た手紙の内容を取材するように指示されて、結果が出るまで帰ってくるなと言われてしまう。

全国津々浦々まわっていろいろと調査をするんだけど、どれもデマばっかり。

ツチノコがレンコンだったり、ネッシー的なヤツが白鳥ボートだったり。サマータイムマシンブルース佐々木蔵之介と未来人がタイムマシン作ってるシーンが出たのはちょっとテンション上がった。

そんなこんなで成果がでないまま、米はある街にたどり着く。

そこで、毒蜘蛛に噛まれても大丈夫なへっちゃら男の取材をしてその後細男の取材をする為にあるカフェへ向かう。

カフェ・de・念力ではマスターがエスパーを集めてクリスマスパーティーをしようとしていた。

マスター自体は能力はなくて、使えるように訓練中という。

今回集まったのが

サイコキネシスの河岡

エレキネシスの井出

透視能力の筧

テレパシーの椎名

テレポーテーションの小山

どれも持ってれば凄い能力なんだけど、ぶっちゃけ日常生活にはそんな役に立たない。

筧は主にエロいことに使ったり、あんこがたっぷり詰まったたい焼きを選んだりするぐらい。

エレキネシスの井出は自販機を操作してあたり出したりするぐらいだし。

そんなカフェに勘違いから引き入れられた細男こと神田。

そして、神田を取材する為にやってきた米。

神田はカフェの5人がエスパーだということを知り、エスパー達に脅されることになってしまう。

あすなろサイキックに出演したい為に米に番組に手紙を送ってた神田なんだけど、ぜんぜん超能力者じゃないし…びっくり人間ですらないし…。ただ細いだけで狭い柵を通り抜けるだけ…。

米もエスパー達も神田の技を見て苦笑いというか呆れるだけという…。

見ていて神田痛すぎだったー。

エスパー達の能力の使いどころが笑える。

もともと舞台作品を映画化したものだから笑いのツボにはまらないと面白くないかもしれないけど、私はめちゃくちゃ楽しめた。

サマータイムマシンブルース」のキャラクターも出ていたのもめっちゃ面白かった。