映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【スティング】悪いやつから金を奪え!

f:id:wponkichi:20200621232547j:plain

スティング

 

 

【作品情報】

題名:<em>THE STING</em>

ジャンル:コメディ

監督:ジョージ・ロイ・ヒル

製作総指揮:リチャード・D・ザナック

脚本:デヴィット・S・ウォード

音楽:マーヴィン・ハムリッシュ

製作国:アメリ

上映時間:129分

製作年度:1973年

 

【あらすじ】

ポール・ニューマンロバート・レッドフォードロバート・ショウら名優たちが繰り広げる痛快ストーリー。1936年。シカゴの下町で、詐欺師の3人組が通り掛かりの男をヒッカケて金をだまし取る。しかし彼らが手にしたその金は、いつもとは段違いの思わぬ金額だった。悪い予感は的中。その金は、ニューヨークの大物ロネガンの手下が、賭博の上がりをシカゴへ届ける為の金だったのだ。怒った組織は、仲間の一人であるルーサーを殺害する……。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

「コンフィデンスマンJP」のドラマを見ていた時に親から「このドラマまんまスティングじゃん」と言われ、「スティング」を薦められて見てみた。この映画本当に面白かった。「コンフィデンスマンJP」が面白いって思った人は「スティング」を見るべきだと思う。

70年代の映画だけど、古い感じがしないし、むしろおしゃれ。悪いやつがギャフンというあの爽快感もたまらない。

昔の映画だからこそCGとかは一切使っていなくてそこがまた素敵だった。

ある男たち3人が金を騙し取ったんだけど、その金はニューヨークにいる大金持ちのロネガンの金だった。

怒ったロネガンは金を奪ったやつを探し出して殺せと命令し、ベテラン詐欺師のルーサーが殺されてしまう。

詐欺師のノウハウをルーサーから教えてもらったフッカーは復讐を決意して、ロネガンから大金を巻き上げる事を計画する。

そこで詐欺師として30年の経歴を持つゴンドーフに協力を依頼して電信詐欺でロネガンから大金を巻き上げる。

細かいところまで練られていて、最後までハラハラドキドキだった。

ゴンドーフとフッカーを追う刑事が執念深く追いかけてきたり、ロネガンの手下がフッカーの命を狙い、殺し屋まで登場して関係性が複雑なんだけど、最後には全て回収されるというか全てゴンドーフとフッカーの計画通りに事が運び見終わった後の満足感がすごい。

2時間弱とながいんだけど、章ごとに区切られていて見やすいしすごく面白かった。

どうやってロネガンから50万ドル(現在価値にすると8.5億らしい)もの大金を騙し取るのか目が離せなかった。

そして予想外の方法でさらにびっくり。

この映画はネタバレ厳禁だから大勢の人にぜひ見てみて欲しい。