映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【THE有頂天ホテル】年末年始に観たくなる三谷ワールド

f:id:wponkichi:20200615132437j:plain

THE 有頂天ホテル

 

【作品情報】

ジャンル:コメディ

監督:三谷幸喜

脚本:三谷幸喜

音楽:本間勇輔

製作国:日本

上映時間:136分

製作年度:2005年

 

【あらすじ】


THE 有頂天ホテル(プレビュー)

晦日を迎えた「ホテルアバンティ」では、ホテルの威信がかかった年越しカウントダウンパーティーの準備で大忙し。そんな中でも副支配人の新堂平吉(役所広司)は、様々な問題に機転を利かせて対応するのだが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

良い大人たちが真剣に面白い事してて、三谷ワールド炸裂してた。

この映画は何回見たか分からないぐらい好き。

とにかく役所広司が可愛くて仕方ない。あと伊東四朗も。

唐沢寿明オダギリジョーはハゲてるし、西田敏行はなんか自殺しようとしてるし…。

突っ込みどころ満載の豪華な映画だった。

ホテルの従業員、客たちが入り乱れて話が進んでいき、ごちゃごちゃしてるけど複雑じゃないから軽ーい気持ちで観られる映画だった。

主人公は副支配人の新堂。新堂を始めとするホテルのスタッフたちが大晦日に個性の強すぎる客達と無事に新年を迎えられるように準備をしていく。

ホテルには汚職議員や自殺したがる大物演歌歌手やら、謎の女やらが宿泊していて、さらに大晦日のイベントでマジシャンやら腹話術士、歌手がいたり、謎の団体がマン・オブ・ザ・イヤーの授賞式をしていたりいろいろカオス。

ホテルの従業員には汚職議員の愛人がいたり、別れる別れないでトラブってるウェイターと客室係とか、歌を愛するベルボーイとかこっちも個性が強い。

一番好きなのは能天気な支配人。顔を白塗りにしてホテル内を逃げ回る支配人。面白かった。

いろいろトラブルが多発した大晦日だったけど、奇跡が重なって芸能プロダクション社長以外みんな良い新年が迎えられてハッピーエンド。

暗い気持ちを明るくするコメディ映画だと思う。