映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【リトル・ミス・サンシャイン】バラバラだった家族が旅を経て団結していく

f:id:wponkichi:20200525234734j:plain

リトル・ミス・サンシャイン

 

【作品情報】

題名:Little Miss Sunshine

ジャンル:ドラマ

監督:ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス

製作総指揮:ジェブ・ブロディ/マイケル・ビューグ

脚本:マイケル・アーント

音楽:マイケル・ダナ

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:100分

製作年度:2006年

 

【あらすじ】


リトル・ミス・サンシャイン (Little Miss Sunshine)

 

小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父フランク(スティーヴ・カレル)らと車で決勝大会の会場を目指す。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

バラバラというか今にも家庭崩壊しそうな一家が幼い娘が美少女コンテストに出場する為に車で旅をするロードムービー

旅の途中で父の仕事の話がなくなったり、パイロットが夢の息子に色覚異常が見つかったり、挙げ句の果てにおじいちゃんが亡くなったり状況が悪くなる一方なんだけど、ラストには旅に出る前よりも家族の絆がグンと深まっていた。状況は悪いままなんだけど、この家族なら大丈夫かなと思わせる最後だった。

内容はブラックな部分が多いし、おじいちゃんも死ぬけど全然辛くならないし、むしろ死んだことさえコメディな感じに仕上げていて凄く面白くて良い映画だった。

じいちゃんのぶっ飛び具合が凄い。ヘロインで老人ホームを追い出されるとかイカしてる。

ヘロイン中毒の祖父と一番仲が良いのが末っ子のオリーブ。

薬物中毒の祖父と娘が仲良くしてるのを許容しているこの一家も相当ヤバめだと思う。

シリアスシーンは笑えるようになってたし、本来笑えるところでしんみりしたりと面白い映画だった。

そして、オリーブが本当に可愛い。

ぽっちゃりで、ちょっとダサメガネしてて。

素朴な子なのにいきなりバーレスク風のダンスを始めちゃうとか面白すぎた。

そしてダンスに家族が加わっていくシーンが私的にはちょっとした感動シーンだったり…。

とにかくいい映画だった。