映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【言の葉の庭】新緑と雨の繊細な絵に目が奪われる

f:id:wponkichi:20200525234116j:plain

言の葉の庭

 

 

【作品情報】

ジャンル:アニメ

監督:新海誠

原作:新海誠

脚本:新海誠

音楽:柏大輔

製作国:日本

上映時間:45分

製作年度:2013年

 

【あらすじ】


映画『言の葉の庭』予告編映像

 

靴職人を志す15歳の高校生タカオは、雨が降るといつも学校をさぼって公園で靴のスケッチに熱中していた。そんなある日、彼は27歳のユキノと出会い、雨の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていく。タカオは心のよりどころを失ってしまったユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作ろうと決心する。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

45分と短いながら見応えのあるアニメだった。

とにかく緑が綺麗。新海誠監督といえば青色のアニメが多いなってイメージなんだけどこの映画は緑が印象的。

君の名は。」の星空の映像もかなり綺麗なんだけど、私はこっちの新緑の映像が好き。

雨のシーンがとても緻密でリアルで、幻想的で綺麗だった。

ユキノさんのアパートで喧嘩別れのようになってしまった二人が、アパートの階段の踊り場で抱き合うシーンもめっちゃ良かった。このシーンで秦基弘の曲が流れるのがめちゃくちゃ鳥肌立った。

短い映画だからすぐに見られるし、映像だけでも楽しめるからオススメ。

ラストは多分ハッピーエンドって事で良いと思うけど、恋人になれるのはまだ先なんだろうな。

恋愛映画だけど、それだけじゃなくて生きることにちょっと躓いた2人が自分の足で歩き出すまでを描いていてとても良い映画だったと思う。