映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【告白】ラストの松たか子の顔が凄い

f:id:wponkichi:20200520231953j:plain

告白

 

【作品情報】

ジャンル:ミステリー

監督:中島哲也

原作:湊かなえ

脚本:中島哲也

製作国:日本

上映時間:106分

製作年度:2010年

 

【あらすじ】


映画「告白」劇場予告

 

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

子どもを持つ身としては、映画だとわかっていても森口先生の子どもを殺した少年A.Bにめちゃくちゃ怒りを感じた。

母に注目されたいがためにニュースになるような大きなことを起こそうとして子どもを殺すというという思考に至った少年A。

少年Aに目撃者として選ばれ、少女が死んだと思い込み事故に見せかけるようにプールに落とした少年B。

この2人に復讐を誓う森口先生。大人としてやってはいけないことをするけど、2人への罰を下していく森口先生にすごく感情移入をしてしまった。

騒がしい教室で淡々と話をする森口悠子。

最初なんの話をしているのかと思ったら、自分の娘を殺した生徒が誰なのかを暴露していき最終的にある復讐を結構する。

もうこの少年2人の行いが胸糞悪くて…。

離婚して出て行った母親に注目してもらいたくて大きな事件を起こそうと思い森口先生の娘を殺すことを計画した少年A。

少年Aに目撃者として選ばれ、森口先生の娘が死んだことに狼狽して事故に見せかけるためにプールへ落とした少年B。

警察は事故と判断したけど、ある物を見つけたことで娘が殺されたと気がつく森口先生は2人に復讐するんだけど、最初の計画は少年Bにとって効果覿面。

時間が経つれて自滅していく少年Bに正直自業自得、因果応報としか思わなかったわ。

少年Aには最初の計画はあまり効果がなくて、違う方法で追い詰めていくんだけど少年Aは根っこから歪んでいる感じ。

育ってきた環境のせいもあり、離婚して出て行った母親に執着するあまりおかしくなっちゃった感じ。

このマザコンを利用して少年Aに絶望を与える森口先生がめっちゃ怖かった。

森口先生が直接手をかけず、ちょっとした言動とかで少年2人を追い詰めていく過程が凄まじかった。

少年Bはある一言を言って、次の担任を家庭訪問させただけで母親もろとも破滅に追い込んで、少年Aにはちょっとしたお土産を母親に渡したことで絶望を与える森口先生。

2人の少年に復讐をしたけど森口先生の絶望は消えないんだろうなと思うと胸が痛い。

最後の森口先生の少年Aに対する表情がなんとも言えず凄まじい顔だった。

復讐をして目の前の少年が絶望に突き落とされているのを見て嬉しいような、でも自分の絶望感は消えず一生苦しまないといけないんだろうなとかいろんな感情を読み取れる表情だった。

松たか子って本当に凄い女優さんだと思う。