映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【神さまの言うとおり】俳優の無駄使い感が半端ない

f:id:wponkichi:20200520124346j:plain

神さまの言うとおり

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:三池崇史

脚本:八津弘幸

音楽:遠藤浩二

製作国:日本

上映時間:118分

製作年度:2014年

 

【あらすじ】


Kamisama no iu touri Trailer (神さまの言うとおり) 2014

 

何事もない日々に飽き飽きしていた高校生・高畑瞬(福士蒼汰)の通う学校に突如ダルマが出現し、命を懸けたゲームの始まりを告げる。少しでも動いたら首が吹き飛ぶ第1のゲーム「ダルマさんが転んだ」をクリアした彼は、幼なじみの同級生・秋元いちか(山崎紘菜)と一緒に第2のゲームへと向かう。一方世間では、ゲームから生還した生徒たちを、神の子とあがめており……。(シネマトゥデイより)

 

 

【感想】

前半は漫画の原作をなぞって話が進んでいき、後半は映画オリジナルって感じ。
三池監督らしく、首が吹っ飛んだり猫にバラバラにされたり潰されたりとハードなシーンが多かった。

全体的に中途半端というか、なんでこんな理不尽なゲームが始まったのか解明されないまま終わるし、大森南朋が演じた役って正直いらなくね?って思ったり、リリーフランキーも神役らしいけど詳細不明だしでモヤモヤが残る映画だった。

最後の缶蹴りもなんか納得いかないし。

なんで今まで死と隣り合わせのゲームをしてたのに缶蹴りだけただのお楽しみでペナルティがないのか意味不明。

高畑瞬と天谷武を目立たせてかつ生き残れるようにするためのご都合主義な感じでかなり萎えた。

この作品の代表するゲームが「だるまさんが転んだ」だと思う。

ほとんど原作通りの展開だった。

映画の都合上仕方ないけど結構スピーディというかあっという間に「だるまさんが転んだ」が終わった。

そして、染谷将太がちょい役すぎてびっくりだわ。

ポスターとかに染谷将太が映ってるから結構重要なキャラかと思いきや最初の数十分で出番終了というね。

高畑が生き残るのための重要人物には変わりないけど想像以上に出番が少なかった。

第2のゲームは巨大招き猫に鈴をつけたら終わりっていう、原作通りの展開。

ここでも結構有名な俳優がちょい役で出演。

村上虹郎が猫の首めがけて鈴を投げるけど速攻で猫に殺されて出番終了。

多分10分も出てないんじゃないか…?

有名俳優たくさん出てきたけど、ちょい役でびっくり。私的に無駄使い感半端なかった。