映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【リンダ リンダ リンダ】ブルーハーツのコピーバンドで文化祭出るカッコいい女子高生たち

f:id:wponkichi:20200520123017j:plain

リンダ リンダ リンダ

 

【作品情報】

ジャンル:青春

監督:山下敦弘

脚本:向井康介/宮下和雅子/山下敦弘

音楽:ジェームズ・イハ

製作国:日本

上映時間:114分

製作年度:2005年

 

【あらすじ】


リンダ リンダ リンダ (プレビュー)

 

とある地方都市にある芝崎高校。文化祭・ひいらぎ祭の前日に、恵(香椎由宇)、響子(前田亜季)、望(関根史織)の3人は途方に暮れていた。高校生活最後の文化祭のためにオリジナル曲を作って練習を重ねてきたのに、ギターの萌が指を骨折してしまったのだ。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

この映画を観て「ブルーハーツ」というロックバンドの事を知った。

ブルーハーツが出てくるわけじゃないんだけど、ブルーハーツってめちゃくちゃカッコいいなってこの映画を観て感じた。

高校の文化祭ってこんな感じだよなぁって雰囲気がリアルで、高校を卒業してから見るとすごく懐かしい気持ちになった。

文化祭の準備から、部活内でのいざこざとかすごい分かる部分がたくさんあった。

ラストの本番でブルーハーツの歌を歌うシーンがめちゃくちゃカッコいい。

ボーカルのソンちゃんの歌声がブルーハーツの曲にマッチしていて本当にかっこよかった。

今じゃ有名な俳優が結構出ていて今見ると面白い。若いころの松山ケンイチとか今ちょっと問題起こしてメディアに出なくなっちゃったけど小出恵介も出てる。