映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【未来のミライ】酷評されてたけどそこまで酷くなかった

f:id:wponkichi:20200520113511j:plain

未来のミライ

 

【作品情報】

題名:MIRA

ジャンル:アニメ

監督:細田守

原作:細田守

脚本:細田守

音楽:高木正勝

製作国:日本

上映時間:98分

製作年度:2018年

 

【あらすじ】


「未来のミライ」予告

 

小さい木が立つ庭のある家に住む、4歳で甘えん坊のくんちゃんは、生まれたばかりの妹に対する両親の様子に困惑していた。ある日、くんちゃんはセーラー服姿の女の子と出会う。彼女は、未来からやってきた自分の妹で……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

見る前にレビューを読んじゃって、かなり評価が低くてかなり酷評されてたからどうかなーと思ってたけど言うほど悪くなかったと思う。

ただ、4歳児と生まれたばかりの子どもがいる家であの間取りの家はどうなんだろう…。
スタイリッシュだけど全然住みたいとは思えないあの家。

話には全然関係ないんだけど階段ばっかりで子どもにはかなり危険な家で気になっちゃった。

あと、声がなー全然子どもの声じゃない…。

ちゃんとキャラクターにあった人を起用して欲しい…。

くんちゃんの声が違和感ありまくり。話題の為に人気の女優さん起用しないといけないのかもしれないけどもうちょっと考えて欲しい。

くんちゃんが未来から来たミライちゃんと会い、お雛様片付けて作戦をしたり、若い頃のおじいちゃんに会ったり、高校生のくんちゃんに会ったり、未来の東京駅に行ったりして成長していく過程は普通に面白かった。

すごい面白かったもう一度見たいとはならなかったけどやっぱり細田守は映像がとても綺麗だからそれだけでも見る価値はあったかなとは思う。