映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【チーム・バチスタの栄光】ドラマ版も映画版もどっちも良い

f:id:wponkichi:20200520003802j:plain

チーム・バチスタの栄光

 

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:中村義洋

原作:海堂尊

脚本:斉藤ひろし/蒔田光治

音楽:佐藤直紀

製作国:日本

上映時間:120分

製作年度:2008年

 

【あらすじ】


チーム・バチスタの栄光予告

高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとした矢先、厚生労働省から派遣された切れ者役人の白鳥(阿部寛)が現れる。2人はコンビを組んで、“チーム・バチスタ”のメンバーを再調査することになる。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

こっちのチーム・バチスタはドラマとは別物でキャストも違うし、田口先生が女性に変更されてた。

でも全然悪くない。これはこれであり。面白かった。

女性の田口先生も悪くない。白鳥役が阿部寛ってのもしっくりきた。

ただ、ドラマを見てたからあの複雑な展開をどうまとめるかすごく気になった。

2時間でまとめないといけないからどうなるかなーと思ってたけどいい感じにまとめたと思う。

ドラマでは結構いい人…というか犯行理由に同情できるけど、この映画ではただのサイコパスだった。

犯行理由がかなりクソ。胸糞悪かった。

ドラマを全て見てたから映画はあっさりだったなと思う

ドラマが長すぎて見るの無理!って人はこっちをオススメ。