映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【クワイエット・プレイス】ホラーだけど家族愛が強い

f:id:wponkichi:20200520002356j:plain

クワイエット・プレイス

 

【作品情報】

題名:A QUIET PLACE

ジャンル:ホラー

監督:ジョン・クラシンスキー

製作総指揮:セリア・コスタス/ジョン・クラシンスキー/アリソン・シーガー/アーロン・ジャナス

脚本:ブライアン・ウッズ/スコット・ベック/ジョン・クラシンスキー

音楽:マルコ・ベルトラミ

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:90分

製作年度:2018年

 

【あらすじ】

音に反応して襲撃してくる何かによって、人類は滅亡の危機にさらされていた。リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)の夫婦は、聴覚障害の娘ら3人の子供と決して音を立てないというルールを固く守ることで生き延びていた。手話を用い、裸足で歩くなどして、静寂を保ちながら暮らしていたが、エヴリンの胎内には新しい命が宿っていた。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

得体の知れない化け物によって支配された地球。

物音を少しでも立てると化け物がやってきて命を奪われてしまう。

映画の始まりから衝撃の連続だった。

そして音を出してはいけないという世界観から始まってからずっとほとんどセリフもなく音もない影像が続くんだけど、音が殆ど無いからいつのまにかすごく集中して見てた。

一番最初に犠牲になった人物に心が痛くなり、途中で襲われた老人のシーンではめちゃくちゃドキッとなり…。

すごくハラハラし通しだった。

音を立ててはいけないという状況のなか妊娠して出産しなければいけない。

経産婦とはいえ声を出さずに出産とか無理でしょーって思いながら見てた。

しかも産まれたての赤ちゃんはいえ泣くわけだし。

音を出さずに出産するシーンはすごくドキドキハラハラしながら見て映画としてはすごく面白かったけど、実質音を出さずに出産は無理だなと思いながら見てた。

前半はいかに音を出さずに生活をするか、両親がいなくなった後子どもたちが生きていけるように教育する父と母が描かれ、後半は化け物とのバトル。

化け物との戦いの中で家族愛がすごく描かれててちょっとウルっときた。

父と娘のシーンが特に。

命がけで子ども達を守る父の姿悲しかったわ。

なぜこんな化け物が地球に現れるようになったのかとか謎のままではなくちゃんと説明があるから納得しながら見られた。

そしてラスト化け物の弱点がわかり希望がある終わり方で良かった。