映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【検察側の罪人】「HERO」とは真逆!!

f:id:wponkichi:20200518232740j:plain

検察側の罪人

 

【作品情報】

ジャンル:ミステリー

監督:原田眞人

原作:雫井脩介

脚本:原田眞人

音楽:富貴晴美/土屋玲子

製作国:日本

上映時間:123分

製作年度:2018年

 

【あらすじ】


映画『検察側の罪人』予告

東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮和也)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村拓哉)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。その被害者を知っていた最上は、松倉に法の裁きを受けさせるべく執拗(しつよう)に追及するが、沖野は最上のやり方に疑問を抱き始め......。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

「HERO」で型破りで正義感の強い検事を演じた木村拓哉

今回の役柄は同じ検事だけど、全く違う久利生とは正反対てお硬くどんどん悪い方向へ行ってしまう…。

正義感が強いけど、それ故に自分が犯罪を犯してしまいどんどん悪徳検事になっていく最上は見ていてとてもハラハラした。

最初は最上に憧れていた検事の沖野が最上のやり方に疑問を持ち対立していく…。

最上がどうしても法の裁きを受けさせたい松倉を弁護する側に回ってしまう沖野。

心情的には最上を応援したくなるけど、やってることは犯罪だし、人間としてクズの松倉を弁護する沖野にイラッとしちゃったり。

見てると自分中の感情が矛盾していく映画だった。

取り調べのシーンとかすごく緊張感、緊迫感があって見入ってしまう映画だった。

沖野と松倉のシーンが本当に凄かった。

松倉役の俳優もすごくて、見ていて心の底からクズだなって思ってしまう男だった。