映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【一礼して、キス】全体的に盛り上がりが少ない

f:id:wponkichi:20200518232201j:plain

一礼して、キス

 

【作品情報】

ジャンル:青春

監督:古澤健

原作:加賀やっこ

脚本:朝の晋康

音楽:林祐介

製作国:日本

上映時間:99分

製作年度:2017年

 

【あらすじ】


「一礼して、キス」予告編

中学生のときから6年間弓道に打ち込んできた高校3年生の岸本杏(池田エライザ)は、弓道部の部長として夏の大会に挑んだが、不本意な結果に終わってしまう。一方、ろくに練習もせずに入部当初から才能を発揮してきた後輩の三神曜太(中尾暢樹)が優勝を飾る。杏は引退を決意して三神に部長を引き継ごうとすると、彼は予想外のことを言ってきて……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

少女漫画原作のラブストーリーって事でこの映画も10代の女子向けのキャピキャピした内容かと思いきや全然違った。

むしろ雰囲気が暗めで、あまり盛り上がるところもなく淡々と過ぎていく感じ。ただ、キラキラキャピキャピしてない分私は見やすかった。

弓道の緊張感もなかなか良かったと思うし、とにかく主演の池田エライザがとても可愛い。

美人がキリッと弓を引く姿がとても様になっていて美しかった。

池田エライザの相手役の三神はちょっと間違えたらストーカーっぽかったかも。てか、現実世界で三神みたいな人いたらヤバいわ…。

最初の窓から覗いて独り言つぶやくシーンとか怖いし。

そして、杏の事を好きにさせた挙句降るとか結構勝手な部分が多くてちょっとイラついた。

後は三神と親の確執のシーンがちょっと中途半端かなと思う。

三神の父役が私の好きな眞島秀和だったけどかなりのちょい役でがっかり。

ワンシーンしかでなかった…。