映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ヘレディタリー/継承】見終わった後の気持ち悪さが半端ない!

f:id:wponkichi:20200518012344j:plain

ヘレディタリー/継承

 

【作品情報】

題名:HEREDITARY

ジャンル:ホラー

監督:アリ・アスター

脚本:アリ・アスター

音楽:コリン・ステットソン

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:127分

製作年度:2018年

 

【あらすじ】

ある日、グラハム家の家長エレンがこの世を去る。娘のアニーは、母に複雑な感情を抱きつつも、残された家族と一緒に葬儀を行う。エレンが亡くなった悲しみを乗り越えようとするグラハム家では、不思議な光が部屋を走ったり、暗闇に誰かの気配がしたりするなど不可解な現象が起こる。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

かなり話題になってたホラー。やっと見られた。
どんなあらすじか全然調べずに見たから最初はよくわかんなかったけど、悪魔系のホラー。
ただ最初は不気味だけど怖いシーンはあまりなかったけど、開始40分ぐらいでかなりの衝撃映像が…。
アニーの娘のチャーリーの存在感も凄かった。
いるだけでもうホラー映画ですってわかる。
アニーの顔芸というか、怒り狂うシーンや泣き叫ぶシーンもかなり怖い。
特にラストの泣き叫んでからな真顔には背筋が凍った。

映画の序盤では怖いシーンがあまりない分、後半でのシーンがえげつない。
一家全員地獄を見る…。
怖すぎた…。
見終わった後も怖さをじわじわと感じた…。

映画冒頭で死んだばーちゃんが元凶。
生きている姿は出てこないけど、ばーちゃんの思惑通りに事が進んでいく恐怖。
アニーの最期もめちゃくちゃ怖かったな…。
1人で見たことを後悔した。けど、夜じゃなくて昼間に見て良かったわ…。
夜だったら1人じゃ耐えられないと思う。