映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【君に届け】爽子が可愛すぎる

f:id:wponkichi:20200518002345j:plain

君に届け

 

【作品情報】

ジャンル:恋愛

監督:熊澤尚人

原作:椎名軽穂

脚本:根津理香/能澤尚人

音楽:安川午朗

製作国:日本

上映時間:128分

製作年度:2010年

 

【あらすじ】


映画『君に届け』予告編

見た目が暗く周りから「貞子」と呼ばれる黒沼爽子(多部未華子)は、クラスになじめないでいた。しかし、その外見とは裏腹にけなげで純粋な彼女に、誰からも好かれるクラスの中心的存在の風早翔太(三浦春馬)はひそかに好意を抱いていた。風早の言葉を励みに、爽子は徐々にほかのクラスメートたちと打ち解けるようになっていく。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

原作漫画が好きで購入して読んでた。
漫画原作の実写で映画公開時はまだ漫画は連載していたからどんな風なストーリーにするのかなと気になってたけど、良い感じのラストだった。
キャストもイメージ通りで実写映画化としてはとても良いのではないかと。

爽子役の多部未華子がすごく可愛いし風早役の三浦春馬も爽やかで原作に近いと思う。
矢野ちんとちづと仲良くなる過程も原作に近いし面白かった。
ただ龍役の俳優さんがちょっと演技が上手くないのが気になったけど…。
セリフの棒読み感が結構すごかった。
桐谷美玲のくるみもイメージ通り。
風早が好きすぎて意地悪になっちゃうけど憎めなくてやっぱり桐谷美玲も可愛い。
今後漫画ではくるみと爽子は親友になるけど、実写でも親友になった二人を見てみたいなと思った。

全体的にふんわりとした映画だけど、爽子が孤立しちゃったり少しハラハラして最後まで飽きずに見られる映画だった。