映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【鋼の錬金術師】実写化映画の中で確実にワーストランキングに入る

f:id:wponkichi:20200516231930j:plain

鋼の錬金術師

 

【作品情報】

ジャンル:ファンタジー

監督:曽利文彦

原作:荒川弘

製作国:日本

上映時間:133分

製作年度:2017年

 

【あらすじ】


映画『鋼の錬金術師』本予告【HD】2017年12月1日公開

 

他界した母を復活させるべく錬金術でタブーとされる“人体錬成”を試みたエドワード(山田涼介)とアルフォンスの兄弟。錬成は失敗に終わり、エドワードは左脚を、アルフォンスは体全体を喪失するが、エドワードは自分の右腕と引き換えにアルフォンスの魂を鎧に定着させる。数年後、エドワードはなくした体の器官に機械鎧オートメイル)を装着し国家錬金術師となり、“鋼の錬金術師”と呼ばれていた。兄弟は失ったものを取り戻すため、“賢者の石”を探す旅に出る。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

原作読んで知ってるからなぁ…。
どうしても比べちゃうよね。
原作知っている者としてはこの映画はどうかと思うわ。
原作からちょいちょい内容をかいつまんで、最後は映画オリジナルのストーリーになりエドとアルの旅は続くよで終わり。
まぁ原作全部ぶち込んだら2時間じゃ終わらないからしょうがないんだけど、でもラストの展開があんまり好きじゃない。

世の中には実写化しても良い漫画としちゃいけない漫画とあると思う…。
こういうファンタジー要素が強いのは映画不向きだと思うけどなぁ。
なんかこう見ていて特別演技が下手とかは思わないけどなんか違和感が…。

唯一印象に残ったのが松雪泰子演じるラスト。
とにかく松雪泰子が美しい。
他の女優さんも美人だし可愛い人もいっぱいでてくるけど、松雪泰子は別格。
まじで別格。
松雪泰子演じるラストが見れただけでも良しとしようって思えるぐらい美しかった。