映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【SP 革命篇】尾形VS井上

f:id:wponkichi:20200515214409j:plain

SP 革命篇

 

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:波多野貴文

脚本:金城一紀

音楽:菅野祐悟

製作国:日本

上映時間:128分

製作年度:2011年

 

【あらすじ】

官房長官を狙ったテロから2か月。警視庁のSPである井上(岡田准一)は上司の尾形(堤真一)への不信感を募らせながらも、尾形の指令で国会での警備を担当することになる。そして麻田雄三(山本圭)内閣の不信任案の採決が行われようというそのとき、国会議事堂で銃声が鳴り響き……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

 尾形と井上の最大の敵である麻田がぎゃふんと言わされるこの映画。

ドラマでも麻田が井上の両親を盾にしたのに子をかばったヒーローとして世間に認識されているのが描かれていたからやっとかと思ったわ。

そして尾形と麻田との関わりも判明。麻田クズだな。

尾形は兄の指示でテロを決行したのに、その兄に裏切られて罪を一人で被ることになったしで可哀そすぎる。

テロを指示していた要人達も爆破でみんな抹殺されて証拠隠滅。

すっきり解決しないでまだ闇があるよ適菜終わり方だった。

いつか続編が作られそうなラスト。

今回も井上達のアクションシーンは迫力満点。

岡田准一の身体能力すごすぎる。 

 

 

wponkichi.hatenablog.com