映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【マスカレード・ホテル】豪華キャストに負けない上質サスペンス

f:id:wponkichi:20200511224223j:plain

マスカレード・ホテル

 

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:鈴木雅之

原作:東野圭吾

脚本:岡田道尚

音楽:佐藤直紀

製作国:日本

上映時間:133分

製作年度:2018年

 

【あらすじ】


映画『マスカレード・ホテル』予告映像【2019年1月18日(金)公開】

 

現場に不可解な数字の羅列が残される殺人事件が3件発生する。警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数字が次の犯行場所を予告していることを突き止め、ホテル・コルテシア東京で4件目の殺人が起きると断定する。だが、犯人の手掛かりが一向につかめないことから、新田が同ホテルの従業員を装って潜入捜査を行う。優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)の指導を受けながら、宿泊客の素性を暴こうとする新田。利用客の安全を第一に考える山岸は、新田に不満を募らせ......。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

 豪華キャストをふんだんに使って面白くない映画もたくさんあるけど、「マスカレード・ホテル」はすごく面白かった。

殺人事件の動機とかややこしいから、この映画は真剣に見なきゃダメ。

というか面白いから自然と真剣に見ちゃうけど。

木村拓哉は何の役をやってもキムタクだけど、キムタクのまんまでも映画が成り立つから不思議。

何か所かクスッとするシーンもあり、ハラハラするシーンもあり最後まで楽しめるサスペンス映画だった。