映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【天使にラブ・ソングを…2】デロリス、教師になる

f:id:wponkichi:20201207150739j:plain

天使にラブ・ソングを…2

【作品情報】

原題:SISTER ACT 2: BACK IN THE HABIT

ジャンル:コメディ

監督:ビル・デューク

製作総指揮:ローレンス・マーク/マリオ・イスコヴィッチ

脚本:ジェームズ・オア

音楽:マイルズ・グッドマン

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:107分

製作年度:1993年

 

【あらすじ】

前作の監督エミール・アルドリーノエイズ死で、本作のメガホンは刑事アクションの佳作「ディープ・カバー」を放った役者出身のB・デュークが取ることになった。気鋭の黒人監督の手で、ウーピー主演のこのミュージカル・コメディがよりリズミカルに変わるのを期待したが、なにせ今やベガスで売れっ子スターというデロリスの紹介シーンからモタモタして気を揉ませる。おまけに今回の彼女は、潰れかかった教区の高校を、生徒指導の面から立て直すというエラそうな使命があって、こりゃダメかなーと思いきや、デロリスのコーラス指導をラップでいなす生徒たちが生き生きと個性的。そこいらで救われる他、構成のうまさもあって、ゴスペル・コンクールのくだりもつい身を乗り出す程の出来具合。J・コバーンは学校経営を放棄したがる理事長に扮し、憎まれ役を引き受けている。エンド・クレジットも気が利いているので、あわてて席を立たれないよう。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

名作「天使にラブ・ソングを…」の2作目。

実は1作目よりも2作目を先に鑑賞したから、どっちも好きだけど実は2作目の方が好き。

ショウガールとして成功を収め始めたデロリスの元に友人のシスターたちがやってきて、ある高校の音楽教師としてもう一度シスターになってくれと頼みに来る。

この高校の生徒がかなりやんちゃ。

教科書は丸めて天井に張り付けてるし、まともに授業ができな状態。

そんな状態を音楽で徐々に変えて行くデロリス。

今回も歌がどれもかっこいいしいい曲ばかり。

一番好きなのが「オーハッピーデイ」。

ウェスリー・グレン・"アマール"・ジェームズのソロはめちゃくちゃ鳥肌が立った。

ボーイソプラノですごく綺麗な声で、いつ聴いても笑顔になれる曲だと思う。

最後のコンクールで歌うところもかっこよくて大好き。

他の学校はみんなユニフォームを着て発表しているのに、聖フランシス高校はデロリスの指示で私服で歌うことに。

この私服で歌うのも歌に合っていて感動した。

天使にラブソングを」は1作目も2作目もなんども聞き返したくなる曲だいっぱいで何度見ても飽きない最高の映画だと思う。

【天使にラブ・ソングを…】デロリス、シスターになる。

f:id:wponkichi:20201207150434j:plain

天使にラブ・ソングを…

【作品情報】

原題:SISTER ACT

ジャンル:コメディ

監督:エミール・アルドリーノ

製作総指揮:スコット・ルーディン

脚本:ジョゼフ・ハワード

音楽:マーク・シェイマン

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:100分

製作年度:1992年

 

【あらすじ】

とある殺人現場を目撃したために、組織に命を狙われるようになった売れないクラブ歌手が、裁判の日まで修道院でかくまわれるハメに。しかし、元々下町で下品に育った彼女がそんなに神聖にできるはずもなく、やがて、聖歌隊をゴスペル風に改造し……。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

90年代に公開されたミュージック・コメディの名作。

何度見ても楽しめる映画で子どもの時に何度も観たけど、大人になった今でも楽しく観られる。

売れないショーガールが殺人事件を目撃したことによって命を狙われてしまったために修道院でかくまってもらうというお話。

デロリスは売れない歌手だけど、めちゃくちゃ歌がうまくて才能あふれる豊かな人。

めちゃくちゃ口と態度が悪いけど。

この才能を生かして匿ってもらっている修道院聖歌隊を立て直すことになる。

今までの聖歌隊の歌が酷すぎる(笑)

音程もなにもかもがバラバラで、聞くに堪えない感じ。

聖歌隊がひどいんで教会に来る人もめちゃくちゃ少ない。

でも、デロリスがそれぞれのいいところを伸ばしていくうちに上達して、さらに曲を今風にアレンジしたから、聖歌隊は大成功。

ラストのコンサートは何度見ても感動する。

鳥肌が立つぐらいかっこいい。

デロリスも好きだけど、修道院にいるシスターたちが個性的で可愛くて大好き。

ぽっちゃりで声が大きいメアリー・パトリックも可愛くて好きだけど、一番好きなのがメアリー・ロバート。

声が小さくて気弱なシスターなんだけど、デロリスの指導のおかげで最後にはソロを担当するまでに上達する。

メアリー・ロバートがとにかく可愛くてめちゃくちゃ大好き。

あと忘れてはいけないのが、修道院長。

ハリー・ポッターにも出ている大女優マギー・スミスが演じていて、デロリスと対立するんだけどラストにはお互いを認めあう。

修道院長は歌わないけど、すごく素敵な人だったな。

この映画を小さい時に観ていたらきっと音楽が大好きになると思う。

良い曲がたくさん出てくるし、歌う事がすごくかっこ良く見えてくる映画だった。

【プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング】ミアの結婚相手になるのは…?

f:id:wponkichi:20201207150010j:plain

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

【作品情報】

原題:THE PRINCESS DIARIES 2: ROYAL ENGAGEMENT

ジャンル:コメディ

監督:ゲイリー・マーシャル

製作総指揮:エレン・H・シュワルツ

原作:メグ・キャボット

脚本:ションダ・ライムズ

音楽:ジョン・デブニー

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:113分

製作年度:2004年

 

【あらすじ】

ジェノヴィア国の麗しきプリンセス(アン・ハサウェイ)へと成長したミアだったが、30日以内に結婚しないと女王になれないことになり……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

プリンセスとなったミアが王位を継ぐことになる本作。

ミレディ女王が退位してミアが女王になるはずだったんだけど、未婚の女性は王位を継げないとかいう法律のせいで1カ月以内に結婚相手を探さないといけなくなったミア。

ミアが王位を継ぐことに反対しているメイブリー子爵があの手この手でミアを陥れようとする。

1カ月で結婚相手を決めて結婚するなんて無理でしょ。

ミレディ女王もお見合い結婚で幸せになった人だけど、王位を継ぐために結婚するなんて正直嫌。

政略結婚だし。

前回もめちゃくちゃ良かったけど今回のミレディ女王が本当に素敵だった。

ミアがいろんな国の王女たちを城に招いてパジャマパーティーを開いて、マットサーフィンをするんだけど、一番ミレディ女王の滑り方がかっこ良かった。

歌も聴けたし。

1作目6普通の女子高生ががプリンセスになる女の子が憧れるような映画だったけど、今作は女王とかプリンセスになるのって本当に大変だなって気持ちになる映画だった。

四六時中マスコミに追われるし、初めてのデートには2人だけじゃなく身内までついてくるし、プロポーズの瞬間までカメラで撮られるし、皇室ってめっちゃ大変じゃんって感じだった。

結婚相手を見つけて女王になるラストかとか思ったら、もっと根本的な解決に持っていくミアがめちゃくちゃかっこ良かった。

その後にミレディ女王も幸せになれるラストで1作目も面白かったけど2作目の方が好きかもしれない。

【プリティ・プリンセス】女の子が憧れるシンデレラストーリー

f:id:wponkichi:20201207145502j:plain

プリティ・プリンセス

【作品情報】

原題:THE PRINCESS DIARIES

ジャンル:コメディ

監督:ゲイリー・マーシャル

原作:メグ・キャボット

脚本:ジーナ・ウェンドコス

音楽:ジョン・デブニー

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:115分

製作年度:2001年

 

【あらすじ】

アメリカ、サンフランシスコ。内気でドジでルックスもイマイチな高校生のミア。そんな彼女がまともに話のできる相手は親友のリリーとその兄のマイケルぐらい。憧れのジョシュに気持ちを打ち明けることなんてとうていできない。そんなミアにある日、驚くべき事実が告げられる。それは、ミアがジェノヴィア国のプリンセスで唯一の王位継承者だというもの。目立つことが大のニガ手の彼女はすっかりパニック状態。一度は王位継承権を放棄しようとするが、女王の提案で、3週間後の舞踏会まで極秘でプリンセス教育を受け、その段階でミア自身が選択することになるのだが……。(allcinema ONLINE より)

 

【感想】

この映画アン・ハサウェイのデビュー作なんだ。知らなかった。

現代のシンデレラコメディ。

普通の高校生だと思っていた女の子が実はプリンセスで王位継承者だったというストーリー。

高校に通うミアはとにかくダサい。

メガネに天然パーマで髪の毛が爆発していてスクールカーストだと下の方。

それがプリンセスと判明してスタイリストにいろいろ綺麗にしてもらったらめちゃくちゃ美人に。

地味な女の子が綺麗になって大勢の人から注目されるようになるという女の子が大好きな展開。

ミアも可愛くて魅力的なキャラクターだったけど、やっぱり一番素敵だったのがレナルディ女王。

レナルディ女王役には「メリー・ポピンズ」や「サウンド・オブ・ミュージック」に主演していた ジュリー・アンドリュース

威厳のあるとても綺麗なレディなのにお茶目で、ミアの良き理解者で本当に素敵な女性だった。

おばあちゃんの他にもミアの親友のリリーもめちゃくちゃ好き。

愛嬌があって結構毒舌でほんと好きなキャラクター

男の人はあんまり面白いとは思えない映画かもしれないけど、小さい娘がいるお父さんは一緒に観ると良いかも。

【トリック劇場版 ラストステージ】納得のラスト

f:id:wponkichi:20201207144003j:plain

トリック劇場版 ラストステージ

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:堤幸彦

脚本:蒔田光治

音楽:辻陽

製作国:日本

上映時間:112分

製作年度:2013年

 

【あらすじ】


映画『TRICK トリック -劇場版- ラストステージ』予告

海外の秘境でレアアースを採掘するため、協力を依頼された天才物理学者・上田次郎阿部寛)。しかし、採掘権は獲得してあるものの、そこに住む部族が立ち退きを拒否。上田は自称天才マジシャン・山田奈緒子仲間由紀恵)の力を借り、部族が信奉する呪術師(水原希子)のトリックを見破ろうとするが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

 いい意味でラスト泣ける。

トリックで感動すると思わなかった。

ラストのシーンでおお!!ってなった。

今度は日本が舞台ではなく赤道スンガイ共和国。

部族の呪術師のトリックを見破ろうとする山田と上田。

この部族の呪術師がトリックドラマ第1話の母の泉とリンクしてる。

呪術師の名前がボノイズンミだし、スンガイ共和国の建国の母が菅井きんだったし。

やっぱりトリックシリーズはラストが悲しい感時になるけど面白い。

ラストがトリックドラマ第1話原点に繋がる感じもめっちゃ良かった。


 

【劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル】霊能力者同士で殺し合い

f:id:wponkichi:20201207143406j:plain

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

 【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:堤幸彦

脚本:蒔田光治

音楽:辻陽

製作国:日本

上映時間:119分

製作年度:2010年

 

【あらすじ】


劇場版トリック霊能力者バトルロイヤル【予告編】

霊能力者“カミハエーリ”が統治する万練村では、その後継者を決める大会が行われようとしていた。貧乏なマジシャン、山田奈緒子仲間由紀恵)は、霊能力者に成り済まして大会に参加し、村の財宝をネコババしようと画策するが、バカげた風習を辞めさせるために招かれた物理学者の上田次郎阿部寛)とはち合わせてしまう。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

今作もめちゃくちゃ悲しいじゃん。

前半笑いどころあり、ネタ有りで面白いけどラストが悲しすぎる。

翔平が可哀想すぎる。

そしてラストに母ノ泉に繋がる話が出てくるとは。

今作はバンバン人が死んでったな…。

松平健演じる鈴木が極悪人って感じ。

理由があったけど、でもこいつが一番悪い。

トリックはドラマもだけど総じて後味が悪いラストだよね。

その分前半が面白いけど。

 

 

【トリック 劇場版2】よろしく、ねっ!

f:id:wponkichi:20201207142950j:plain

トリック 劇場版2

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:堤幸彦

脚本:蒔田光治

音楽:辻陽

製作国:日本

上映時間:111分

製作年度:2006年

 

【あらすじ】

青沼(平岡祐太)という青年の依頼を引き受けた上田(阿部寛)と奈緒子(仲間由紀恵)は、行方不明になった青沼の幼なじみの美沙子(堀北真希)という女性を探しに筺神(はこがみ)島へ向かう。しかし、その南海の孤島には恐ろしい霊能力者である筺神佐和子(片平なぎさ)と多くの信者が暮らしていた。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

 笑いどころとか人によっては好嫌いめっちゃわかれそうだけど、今作も私は面白かった。

ほとんど殺人事件が起きないからトリック映画としては珍しいけど、ラストの悲しい感じとかはちゃんとあった。

今作の霊能力者の最後もめちゃくちゃ悲しかったなー。

あと、やっぱり堀北真希は可愛い。

引退しちゃったけど、もっと堀北真希が出演する映画とかドラマ見たかったな。

今作のトラックもなかなか無理やりな奴が多かったけどそれ以上に面白かった。