映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【壁の中に誰かがいる】幽霊的なヤツかと思ったら…

f:id:wponkichi:20200922233336j:plain

壁の中に誰かがいる



【作品情報】

原題:The People Under the Stairs

ジャンル:ホラー

監督:ウェス・クレイヴン

製作総指揮:シェップ・ゴードン/ウェス・クレイヴン

脚本:ウェス・クレイヴン

音楽:ドン・ピーク

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:114分

製作年度:1991年

 

【あらすじ】

ツイン・ピークス」のキテレツ夫婦、W・ロビーとE・マッギル。あちらでは一応、変わってたのは妻だけだったが本作では二人とも異常者に変身、奇妙な雰囲気を存分に盛り上げている。悪徳家主によって住み家を追い出され、泥棒として二人の家に侵入した黒人少年を襲う恐怖をブラックな笑いを込めて描いたサイコ・スリラー。(allcinema ONLINE より)

 

【感想】

「壁の中に誰かがいる」という題名だから壁の中に埋められた死体とかが、家の住人や家に来た人たちを襲うホラーかな思ってたけど全然違った。

物理的に壁の中に子どもいた。

フールという少年が姉の友人であるリロイとスペンサーにそそのかされて金貨を盗もうとアパートの家主である夫婦の家に忍び込む。

けど、この家に住む家主は家に入ったものすべてを殺している夫婦というサイコパスだった。

友人2人は夫婦に殺され、フールも殺されそうになるけど、家にいた少女と壁の中を自由に動き回っている少年ローチに助けられながら家主を倒すというストーリー。

上記に夫婦と書いたけど実は夫婦なんだよね。

二人ともママ、パパと呼び合ってたから夫婦だと思ってた。

この二人は息子を育てたくてたくさんの少年をさらい育てていたらしいけど、育てるのに失敗すると少年たちの大切なところを切り取り地下に閉じ込めてたらしい。

ローチもその一人。

でも閉じ込められる前に脱走して壁の中を逃げ回ってた。

兄貴の方はカニバリズムもしているみたいで本当に気持ち悪い。

殺したリロイの肉を剥いで教育に失敗した少年たちに食事として与えたり、自分でも食べてたし。

妹の方は手首を飼い犬のドーベルマンに与えてた。

壁の中の通路は大人には小さくて子どもしか通ることができないから、家主兄が通路に向かって銃をぶっ放しまくる。

家の中は銃弾で破壊されまくり。

フールが家から脱出して警察に通報して家主の家に警察がやってくるけど、なぜか銃弾の跡がなくて警察も誤報だと信じて帰ってしまう。

警察使えないし、家の中の銃痕はどうしたんだろう…。なぞすぎる。

最期フールが家を爆破して家主兄を倒すけど、かなり大規模な爆発で家の物が外まで飛んでいく爆風だったのに爆発の近くにいたフールが無傷。

突っ込みどころが何箇所かあったけど普通に面白かった。

【1408号室】ジョン・キューザックのほぼ一人芝居!

f:id:wponkichi:20200922232654j:plain

1408号室



【作品情報】

原題:1408

ジャンル:ホラー

監督:ミカエル・ハフストローム

原作:スティーヴン・キング

脚本:マット・グリーンバーグ/スコット・アレクサンダー/ラリー・カラゼウスキー

音楽:ガブリエル・ヤーレ

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:106分

製作年度:2007年

 

【あらすじ】

作家で、アメリカ各地の超常現象などをルポしていたマイク(ジョン・キューザック)のもとに、一通の手紙が届いた。その内容はドルフィンホテルの1408号室には絶対に入ってはならないというもの。好奇心をかき立てられたマイクはホテルに出向き、入るのをやめさせようとする支配人のオリン(サミュエル・L・ジャクソン)を説得し、何とか1408号室に入るが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

ホラー映画は幽霊とか怪物とかゾンビとかが襲ってくる系が多いけど、この映画は部屋自体が襲ってくる感じ。

心霊スポットに行って調査をして本を出版している作家のマイクがドルフィンホテルのある部屋に泊まり怪奇に巻き込まれると言うストーリー。

そこまで怖い映像はなかったけど不気味さは結構あって面白かった。

ドルフィンホテルの1408号室は今まで宿泊した客が56人も亡くなっているといういわくつきの部屋。

死因は飛び降り、窒息、自殺、自然死など

共通して言えるのが宿泊客全員が部屋に入って1時間もたずに亡くなってるらしい。

1408号室に宿泊するまでの支配人とのやりとりが良かった。

絶対に部屋に泊らせたくない支配人と絶対に部屋に泊まりたいマイクの攻防がこの映画の一番の見せ場かも。

マイクが部屋に泊まれることになり、その後はほとんどマイクの一人芝居。

何が原因で1408号室で死人が出ているのかを調べるとかはなくて、マイクがただ単に怪異に襲われていくだけだから少し物足りない感じはあった。

マイクが部屋の怪異から脱出できるのかというストーリーだから、なぜ1408号室に泊まると宿泊客が死ぬのか謎は分からないまま。

私的には原因も知りたかったな。

【川の底からこんにちは】”しょうがない“から"頑張ろう"と変わっていく

f:id:wponkichi:20200922232017j:plain

川の底からこんにちは

 

【作品情報】

ジャンル:ドラマ

監督:石井祐也

脚本:石井裕也

音楽:今村左悶/野村知秋

製作国:日本

上映時間:112分

製作年度:2009年

 

【あらすじ】

上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送る佐和子(満島ひかり)は、父親が病で倒れたことから帰郷。一人娘のため父が営むしじみ加工工場の後を継ぐことになるが、従業員のおばさんたちには相手にされず、会社の経営も倒産寸前に追い込まれていた。その上、一緒に工場の後継ぎになりたいと付いてきた恋人にまで浮気されてしまう。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

映画序盤は鬱々とした感じで淡々と映画が進むからちょっと飽きるけど、主人公の佐和子が覚醒して腹をくくった当りからストーリーが進むから後半から面白くなる映画だった。

佐和子がとにかく幸が薄くて、5人の男に捨てられるし5年ぶりに実家に帰ってきて家業のしじみ工場を継いで仕事をしてパートのおばちゃんに地味な嫌がらせされるし、付き合ってた男は娘を置いて親友と浮気をして家を出て行くしと本当にツイてない。

映画の前半はこの佐和子の不幸ストーリーで、前半はモヤモヤする。

とにかく実家に娘と一緒についてきた男が最低。

会社を首になったから佐和子に寄りかかろうと必死で、佐和子が駆け落ちしたと知ると佐和子を責めるし、佐和子の親友と浮気するし。

浮気をされたことで佐和子が覚醒してかなりかっこ良くなっていった。

“しょうがない”と何もかもをあきらめていたのに“しょうがない”から一生懸命頑張ると気持が変化していき傾いていたしじみ工場を立て直して、パートのおばちゃんたちと仲良くなって、男が置いていった娘と打ち解けて行くまでがかなり面白い。

“しょうがない”から一生懸命頑張るようになっていく満島ひかりがすごく良かった。

私的には満島ひかりの他に佐和子の叔父役の岩松了も好き。

明日も頑張ろうって思える映画だった。

【モルグ 死霊病棟】古典的なホラー映画だけど面白い

f:id:wponkichi:20200917134257j:plain

モルグ 死霊病棟

【作品情報】

原題:MORGUE

ジャンル:ホラー

監督:ウーゴ・カルドーソ

脚本:ウーゴ・カルドーソ

製作国:パラグアイ

上映時間:81分

製作年度:2019年

 

【あらすじ】

警備員のディエゴは恋人と電話で話しながら運転しているときに、誤って人をひいてしまい、事故現場から逃げてしまう。帰宅しても気持ちが落ち着かないディエゴに、臨時で病院の夜間警備の仕事が入る。夜、監視モニターに映る影や廊下から聞こえる物音が気になったディエゴが見回りに行くと、そこには死体安置場があった。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

パラグアイ発のホラー映画らしくて、ハリウッドでリメイク決定って書いてあったからレンタル開始したら絶対見ようと思ってた。

やっと見られた。

レビューが低めだからどうかなとは思ったけど普通に怖かった。

「犬鳴村」より全然怖かった。

怖いシーンとか今まで嫌と言うほど見てきたホラー映画にあるような展開だけど、それでも怖かった。

テレビ電話したら後ろに裸の女性が映ったり、自撮りしたら後ろに人が映ってたり。

遺体安置所で電気がつかなくなって水が勝手に流れたりとか、窓に人影がうつっていきなり開いたり。

徐々に恐怖を煽っていく演出で私はすごく面白かった。

ラストでなんかポップな音楽が流れて雰囲気ぶち壊しになったのは微妙だったけど。

拳銃部屋に忘れるとか謎なシーンもあったけど私は楽しく見れたな。

リメイクは多分もっと怖くなってると思うからレンタル開始されたら絶対借りようと思う。

【ミッドサマー】後半にかけての気持ち悪さがヤバい

f:id:wponkichi:20200917133525j:plain

ミッドサマー

【作品情報】

原題:MIDSOMMAR

ジャンル:ホラー

監督:アリ・アスター

脚本:アリ・アスター

音楽:ザ・ハクサン・クローク

製作国:アメリカ合衆国/スウェーデン

上映時間:147分

製作年度:2019年

 

【あらすじ】


『ミッドサマー』本国ティザー予告(日本語字幕付き)|2020年2月公開

思いがけない事故で家族を亡くした大学生のダニー(フローレンス・ピュー)は、人里離れた土地で90年に1度行われる祝祭に参加するため、恋人や友人ら5人でスウェーデンに行く。太陽が沈まない村では色とりどりの花が咲き誇り、明るく歌い踊る村人たちはとても親切でまるで楽園のように見えた。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

見た人がみんな気持ち悪いって言ってた意味がわかった。

怖いとかじゃなくて、気持ち悪い。

面白かったけどこの映画作ったアリアスター監督ってヤバイなって思った。

「ヘレディタリー」でもそうだけど、終盤にかけて怒涛の展開が待ってた。

前半は綺麗な田舎のお祭りって感じなのに後半は不快感半端ない。

少し2018年のリメイクの方の「サスペリア」に似てたかも。

一番最初のヤバイシーンが72歳の老人が崖の上から身を投げるシーン。

初っ端からすごいシーンだった。

年齢制限15じゃなくて18でも良さそうだと思ったけど、ディレクターズカットが18禁らしい。

ディレクターズカットでもう一回見たいな…。

この映画はいろんなところに次に起こる事がわかるように細工がしてあったりしてよく見ると面白いものが発見できるようになってるみたい。

映画の最初の絵とかよく見るとネタバレになってたり。

個人のブログですごく細かく考察を書いてる人がいて、読んだらめちゃくちゃこの映画納得できた。

この映画の考察ブログ結構あるみたいだから、見た後に読むと面白いかも。

「ヘレディタリー」見たときヤバイ映画だなって思ったけど、「ミッドサマー」の方がレベル上だった。

両方面白かったけど。

ディレクターズカットもレンタルすればいいのに。

そしたら絶対借りて観る。

【アルゴ】映画みたいな救出作戦

 

f:id:wponkichi:20200907001717j:plain

アルゴ

【作品情報】

原題:ARGO

ジャンル:サスペンス

監督:ベン・アフレック

脚本:クリス・テリオ

音楽:アレクサンドル・デスプラ

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:120分

製作年度:2012年

 

【あらすじ】

1979年11月4日、テヘランイラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

第85回アカデミー賞の作品賞・脚色賞・編集賞を受賞するだけあってすごく面白かった

何度も観てるけど、何度見てもラストのシーンではハラハラさせられる。

事実を基にしている映画で脚色はしているみたいだけど、ほぼほぼ本当に起こった事をそのまま映画にしているから当時の世界情勢とかも知ることができるすごく良い映画だった。

日々反米デモが過激化し、テヘランにあるアメリカ大使館が占拠されて、その時に大使館員6人が大使館を脱出しカナダ大使に助けを求めカナダ大使館に匿ってもらう事になり、イランからこの6人を脱出させる為にCIAであるトニー・メンデスがイランへ行くことになる。

デモ隊がアメリカ大使館に押し入る時の熱気がすごい。

映画を観始めてから最後までずっと目が離せない映画だった。

6人が大使館から脱出するか話し合う時の緊張感や重要書類を燃やしたり砕いたり、シュレッダーにかけたりと危機感がすごい伝わってくるし、デモ隊が徐々に建物内に入ってくる感じはすごく怖かった。

大使館員を救出するために色々な作戦が話合われるんだけど、どれも大きなリスクがあったり現実的に無理なものばっかりだった。

400㎞以上距離を自転車で走り国境を抜けるというものや、教師としてイランに入国した事にする案や農業の視察できた事にする案などが出されるけど、自転車は雪が溶けるまで実行できないしパンクした時のことや中継地も必要になる、教師という設定も数ヶ月前に学校は閉鎖しているから不自然だし、農業の視察は雪が降っているからこれも不自然。

という事ですごく突飛だけど一番成功しそうな「アルゴ」作戦を実行することになる。

嘘の映画を作り、その製作スタッフとしてイランに来ていた事にして6人を脱出すると言う方法。

この作戦の前準備がとてもすごかった。キャストも決めて台本の読み合わせをし、ハリウッドにオフィスも作り、新聞などに広告を出すなど少しでも疑われないようにするんだけど、作戦を知っていて協力しているハリウッド関係者のレスターとジョンがとってもかっこ良かった。

ちなみに大使館から脱出した大使館員6人の役割は

ボブ・アンダース…最年長、領事館補 → アルゴの監督役

コーラ・ライジェク…秘書 → 脚本家

マーク・ライジェク…領事館補 → ロケーションマネージャー役

ジョー・スタッフォード…領事館補かなり優秀 →アシスタントプロデューサー役

キャシー・スタッフォード…秘書 → 美術監督

ヘンリー・L・シャッツ…農務官 → カメラマン役

アルゴ作戦を遂行しようとトニー・メンデスはイランへ行き、6人に役柄を覚えてもらいロケハンまでやったのにまさかの上層部からアルゴ作戦の中止が伝えられる。

でも、今脱出しなければ6人の命が危ないと判断したメンデスは自分が責任を取ると「アルゴ作戦」を決行する。

ここで、めちゃくちゃカッコ良いのがメンデスの上司であるCIAのジャック・オドネル

ジャックが上司を一喝するシーンは本当にシビレた。

ジャック・オドネルの機転でギリギリのところで空港券が再び発券され、危機一髪で飛行機に乗る事ができた6人とメンデス。

飛行機に乗る前に別室に連れて行かれ足止めを食らったり、飛行機に乗った直後に正体がバレ追いかけられたりと何度も危機一髪が連発したけど、無事イランを脱出できた時はこっちまで安堵した。

映画のエンドクレジットで当時の写真が紹介されるんだけど、実際に脱出した6人と今回演じた俳優陣が本当にそっくりで驚いた。

このエンドクレジットを観て細部に至るまで再現されているすごい映画なんだなと実感した。

似ている俳優を起用しているだけじゃなくて、当時の写真と映画の演出もそのままだった。

【ピクセル】昔懐かしのアーケードゲームのキャラが襲ってくるSF映画

f:id:wponkichi:20200907001412j:plain

ピクセル

【作品情報】

原題:Pixels

ジャンル:コメディ

監督:クリス・コロンバス

原作:パトリック・ジー

脚本:ティム・ハーリヒー/ティモシー・ダウリング

音楽:ヘンリー・ジャックマン

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:105分

製作年度:2015年

 

【あらすじ】


映画『ピクセル』予告編

地球や人類の文化ついての情報を電波に乗せて、宇宙人との交流を図ろうとしていたプロジェクト。それを宇宙人が受信したものの、彼らは人類からの宣戦布告だと勘違いしてしまう。「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」「ドンキーコング」「スペースインベーダー」と、送られた情報からテレビゲームについて知った宇宙人たちはそれらに出てくるキャラクターに姿を変えて地球を侵攻し始める。巨大なキャラクターが次々と現れ、都市をブロック化していく事態に世界はパニックに陥り……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

めちゃくちゃ懐かしいアーケードゲームがいっぱい出てきた。

私はアーケードゲームの世代じゃないからゲーム自体はやった事ないんだけど、それでも一度は聞いたことがあるゲームばっかり。

アーケードゲームが襲ってくるけど実はヴォルーラ星人という宇宙人で、70年代にNASAが地球外生命体に向けてゲームを収録した映像を宇宙に送り、その映像を見た宇宙人が果たし状だと思い地球に戦いを挑んでくるという。

だから襲ってくるのはアーケードゲームばっかり。

今回の主人公がマジで冴えないおっさん達。

小さい頃にアーケードゲームをしていたおっさん達。その名もアーケーダーズ。

アーケーダーズの1人目

サム・ブレナー。

アーケードゲームギャラガ」の元チャンピオンだけど現在はホームシアターの取り付け業者として働く冴えないおっさん。

アーケーダーズ2人目

ラドロー・レイモンソフ。

サムの親友で宇宙人の果たし状に最初に気がついたゲーマー。

アーケーダーズその3人目

ウィル・クーパー。

サムとラドローの親友でまさかのアメリカ大統領。

しかもめっちゃ支持率低い

威厳のない大統領なんだけど憎めないと言うか私はこのおじさん好き。

アーケーダーズその4人目

エディ・プラント。

以前サムを負かして「ドンキーコング」の元世界チャンピオンになった人物。

有名人のゲーマーだけど色々やって現在刑務所に服役中。

宇宙人とのゲームでいかさまをして世界を危機に陥れる。

アーケーダーズ5人目

ヴァイオレット・ヴァン・パッテン中佐。

アメリカ軍中佐で、対ゲームキャラ形兵器用武装の開発及び提供を担当しているけど、後半アーケーダーズとして闘う事になる。

この5人がアーケーダーズとして宇宙人と戦うんだけど、個性強。

この5人の中で一番大統領が好き。

世界の危機だって言うのに大統領夫人とイチャコラしたり、バカっぽい感じがめっちゃ良い。

1回目の「ギャラガ」と2回目の「アルカノイド」はよくわからなかったため宇宙人側の完全勝利になるけど3回目の「センチピード」と4回目の「パックマン」はサムたちの活躍で勝利を収める。

センチピートではサムとラドローはあくまで米軍の指導担当だったけどゲームが強すぎて2人が参戦した途端ゲームに勝利してた。

めっちゃ強かった。

冴えないおっさんとオタクな感じなのにすごくかっこ良く見えた。

パックマンでは色とりどりの車ミニクーパーを使ってパックマンを追いかけるんだけど、このゲームが一番興奮した。車が可愛くてテンションあがったし、「パックマン」の作者である岩谷教授がゲームに参加するとか面白すぎる。

このパックマンでエディがイカサマしたから地球は危機に陥ったけど。

ゲームに勝つと宇宙人側からトロフィーが贈られる。
人間側が負けると人間が持って行かれる。

パックマンで勝った時に贈られたQバードがめっちゃ可愛い。

喋るし、あのドットで作られた感のあるフォルムが何とも言えず可愛かった。

なのにーラストの方でレディ・リサというゲームのキャラクターに変身して闘って、その後ラドローと結婚しちゃうとか衝撃的。

子どもがQバードだったのは面白かった。

ちょいちょいネタというか、面白いシーンがあってかなり面白かった。

とにかくQバードが可愛い映画だった